政府によるリクエストのガイド

 

Zoom は、自由かつオープンに考えやアイデアを出し合えるようサポートをします。 私たちは、世界中で有意義な会話、プロフェッショナルとのコラボレーションを促進していることに誇りを持っています。ユーザーのプライバシー、セキュリティ、安全に対するコミットメントのため、Zoom はすべての政府からのリクエストを慎重にレビューし、レビューを通らない政府からのリクエストには応じません。

Zoom Video Communications, Inc.(以降「Zoom」)は、Zoom の顧客に関する非公開の情報を求める法執行機関や行政機関に対して、これらのガイドラインを適用します。 また Zoom は、顧客への情報提供に関しても、これを適用します。

クイック リファレンスとして、以下のリンクから、ロケーション固有の追加手順を参照できます。

すべての管轄区域での要件 >

米国政府によるユーザー情報のリクエスト >

米国以外の政府によるユーザー情報のリクエスト >

リクエストの送信方法

見出し画像

法執行機関と行政機関は、情報または保存(および延長)に関するあらゆる問い合わせおよびリクエストを、こちらの法執行機関対応システム(LERS)を介して提出する必要があります。

すべての管轄区域での要件

見出し画像

リクエストは:

  • 英語である必要があります。
  • 特定の緊急事態を除いて、.pdf形式である必要があります。
  • 宛先は次である必要があります。 ミーティングに関するリクエストは、55 Almaden Boulevard, San Jose, CA 95113 の Zoom Video Communications, Inc.。電話に関するリクエストは同住所の Zoom Voice Communications。
  • 政府の公式なメールアドレスから発信されている必要があります。
  • 以下が含まれる必要があります:
    • リクエストしている機関の名前。
    • リクエストしている機関の名前。
    • リクエストしている機関のバッジ/ID 番号。
    • リクエストしている機関の政府発行のメールアドレス。
    • リクエストしている機関の電話番号(内線含む)。
    • リクエストしている機関の郵便先住所(私書箱は不可)。
    • 運用認可権限者による日付と署名。
    • 法的手続きへの応答期限日付。

リクエストの内容

リクエストは法的に有効で、適切に適用範囲が設定され、十分に詳細に記載されている必要があります。 つまり、次を満たしている必要があります。

  • 有効な法的根拠を持ち、リクエストをしている機関の管轄の適用法および規則に従って発行されている
  • リクエストを行う権限を持つ人物によって署名および提出されている。
  • 明確であり、過度に広範囲でない
  • ミーティングに関するリクエストの場合は、ミーティング番号、UTC での日時、ミーティングの設定に使用するメール アドレス、対象のユーザー名など、固有の識別情報がリクエストに含まれている。 期限がある場合は、妥当な日付が指定されている

適切な識別情報や妥当な適用範囲や期限が含まれないリクエストが送信された場合、処理前にリクエストの見直しを要求する場合があります。

米国政府によるユーザー情報のリクエスト

見出し画像

米国政府からのリクエストは、上記 のすべての管轄区域での要件に従う必要があります。 当社が受け入れるリクエストの種類と、その内容に応じて開示する情報を次に示します。

法関連のリクエストの種類 得ることができるもの Zoom で処理されるデータの例(網羅的ではなく、顧客設定に依存する)
召喚状(行政、裁判、大陪審)* 18 U.S.C. 2703(c)(2) に掲載されている非コンテンツ情報 ユーザー名、メール、請求情報、ミーティングまたはウェビナーのメタデータ(ユーザーが参加した時刻など)
相当な理由に基づいた捜査令状 ユーザー コンテンツおよび非コンテンツ情報 上記に加えて、クラウドのレコーディング、プロフィール写真、ボイスメールおよびボイスメール プロンプト、SMS(Zoom Phone)

当社は、顧客およびユーザーが居住する区域のプライバシー法を尊重し、遵守するよう努めます。 当社は、個人情報または顧客のコンテンツのリクエストについて、対応することで欧州一般データ保護規則を含む外国のプライバシー法に違反することになってしまう場合、それを拒否する場合があります。

*当社は、召喚状が 2703(c)(2) に記載されているもの以外の非コンテンツ情報を対象としたものである場合、および特定の状況において召喚状が法的に不十分なものである場合、召喚状の代わりに 2703(d) の裁判所命令を要求することがあります。

ユーザーのミーティング コンテンツのリアルタイムの傍受またはモニタリングのリクエスト

Zoom には、法執行機関による顧客のミーティングやウェビナーの傍受を助ける様な機能はなく、また当社従業員や他の人物を参加者として表示せずにミーティングに参加させる手段はありません。

米国以外の政府によるユーザー情報のリクエスト

見出し画像

上記のすべての管轄区域での要件を満たしていることに加えて、リクエストは法的に有効である必要があります。 Zoom は、米国以外のリクエストについて、以下を満たしていない場合、法的に有効であると見なしません。

  • 特定の法的根拠を有し、リクエスト国の国内法において適用される要件を満たしている、および
  • 管轄区域における刑事犯罪の善意の保護、検出、または調査に関するものである

米国以外のリクエストが上記の要件を満たしていない場合、Zoom はそれに対して反論をするか、それを拒否します。刑事共助条約(MLAT)、クラウド法協定、または証人尋問要求書に基づく手続きについて、常に考慮してください。

当社は、すべての米国以外のリクエストを、国ごとおよびケースごとに精査します。 これは当社が、当社の基本理念に対して当社の地域の法的義務を配慮し、バランスを取るために実施します。この理念には、自由でオープンな意見交換を促進し、ユーザーの安全性を維持し、ユーザーの個人情報を保護する当社のコミットメントが含まれます。 これらの原則が現地法と矛盾する場合、たとえリクエストが現地法の下で適切であっても、当社はリクエストを拒否する場合があります。

保存のリクエスト

見出し画像

当社は、米国政府と米国以外の政府、いずれからの保存のリクエストも受け入れます。 関連記録のスナップショット 1 回分を 90 日間保存します。 別途、正式な延長要求をいただければ、保存期間は最大 90 日間延長できます。

保存のリクエストは、上記のすべての管轄区域での要件を満たし、保存対象の特定のアカウント、ホスト、またはミーティング情報を指定する必要があります。

Zoom が持つ可能性のあるデータの種類

見出し画像

アカウント情報

当社が保有するアカウント情報は、アカウントの種類、顧客が当社と何を共有し、何を保存しているか、および当社のデータ保持ポリシーによって異なります。 当社の顧客およびユーザーが提供する情報の精度を特定したり、保証したりすることはできません。

以下は、アカウントについて Zoom が持つ可能性のあるデータの種類の例です。

非コンテンツ 顧客のコンテンツ
  • 氏名
  • ユーザー名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • アカウント オーナー名
  • 支払いをしているユーザーの場合、請求者名と住所
  • 支払方法(当社はユーザーのクレジット カード情報を保存していません)。
  • プロフィール画像
  • Zoom クラウドを使用して顧客が保存するレコーディング、メッセージ、文字起こし、ファイル
  • Zoom Phone の場合、SMS メッセージ、ボイスメール、およびボイスメール プロンプト

コンテンツについて: Zoom は、(1)アカウントがレコーディングを有効にしていて、(2)ホストがミーティングまたはウェビナーをレコーディングし、(3)Zoom クラウドに保存するように要求した場合、にのみミーティング コンテンツを所持します。 ホストが Zoom クラウドではなくローカルに(各自のデバイスに)ミーティングをレコーディングしている場合、Zoom はミーティング コンテンツにアクセスできません。 ホストがミーティングをまったくレコーディングしていない場合、コンテンツは存在しません。

詳細については、以下を参照して、当社のプライバシー ステートメントにアクセスしてください。

Zoom Meeting 、ウェビナー、Zoom Phone の通話の情報

Zoom は、ミーティング、ウェビナー、Zoom Phone での通話に関する次の情報を処理する場合があります。当社が処理する情報は、(1)ユーザーが登録済みの Zoom アカウントを持っているかどうか、(2)アカウントの種類、(3)対象の Zoom 製品の種類、によって異なります。

データ Zoom プロセスの詳細については、当社の「プライバシー データシート」を参照してください。

非コンテンツ 顧客のコンテンツ
  • IP アドレス
  • MAC アドレス
  • デバイス ID
  • デバイスの種類
  • オペレーティング システムの種類とバージョン
  • ユーザーの接続方法
  • ネットワーク パフォーマンス
  • Zoom クライアントのバージョン
  • カメラ、マイク、スピーカーの種類
  • ミーティング / 通話の日時
  • ミーティング / 通話の長さ
  • 参加者がプロフィールに入力している、またはミーティングでで自分を識別するために使用している、メールアドレス、名前、またはその他の情報
  • 参加者がいつミーティングに参加し、いつミーティングから退出したか
  • ユーザーがビデオ、オーディオ、または共有画面を使用したかどうか
  • イベント名の変更
  • 参加者がどのように切断されたか
  • Zoom Phone のユーザーの場合、発信先と発信元の番号
  • ミーティング名
  • 顧客が Zoom クラウドに保存することを選択したコンテンツ(上記を参照)

ユーザーへの通知

見出し画像

当社のポリシーでは、情報がリクエストされた際に、法律上禁止されていない限り(例えば、18 U.S.C. § 2705 によって)、または子供の危険、人の死亡または重大な身体的傷害の危険を伴う緊急事態、Zoom のサービス、権利、財産に対する脅威を含む場合を除き、ユーザーに通知を行っています。 非開示命令には、期間の設定が必要です。 当社の通知ポリシーの例外を求める場合は、状況を評価できるように、緊急事態または通知の潜在的な逆効果に関する説明を含めてください。

サービス規約、利用ガイドライン、プライバシー ステートメント、またはその他の適用されるポリシー、ガイドライン、または法的要件にに対する続行中または以前の違反に対して、リクエストが注目を集める場合、当社はこのような違反に対処するか、更なる悪用を防止するためにアクションを起こすことがあります。

録画の制作

見出し画像

別途合意がない限り、当社はレスポンシブな録画を電子形式で提供します。 当社は、法的手続きに従い、法律で許可されている情報の作成に関連する費用の返済を求めることがあります。 また、特殊なリクエストや負荷の大きいリクエストに対応するために発生した費用に対して、追加補償を求める場合があります。

見出し画像

自分のアカウントまたはミーティングの情報を政府が取得することに同意している Zoom の顧客に関する情報を求めている場合は、Zoom から情報を求めるのではなく、可能な限り、直接その顧客から情報を求める必要があります。

緊急のリクエスト

見出し画像

当社は緊急のリクエストをケースごとに評価します。 死に至る危険や深刻な人身事故に関する緊急事態により、遅延することなく緊急事態に関する情報を開示することが求められていることに対して、当社に誠実な信念がある場合、当社は自社のプライバシー ステートメントと適用法(例えば、18 U.S.C. § 2702(b)(8) および (c)(4))と一致する情報を提供する可能性があります。 当社は、いかなる状況下でも、特定のタイムライン内であっても、記録の制作をコミットしません。また、リクエストまたはリクエストをしている人物の身元に関する追加情報を要求する場合があります。

緊急リクエストは、以下の情報をすべて明記した上で、こちらの法執行機関対応システム(LERS)から送信してください。

  • 脅威をどのように知ったか、ソーシャル メディアの投稿へのリンク、チャットログなどを含む、緊急事態の詳細な性質。
  • 死亡または重傷の危険がある人物の特定。
  • 脅威の差し迫っている性質についての説明。これには、リクエストされている情報を受信する必要のある特定の期限があることを示唆する情報、または危険が発生する特定の期限があることを示唆する情報が含まれます(例えば、今晩、今日の昼など)。
  • Zoom にリクエストしている特定の情報の識別。 リクエストを絞り込む – ユーザー、アカウント、またはミーティングに関連付けられているすべての情報をリクエストすると、処理が遅れる可能性があります。
  • 求める情報が緊急事態を回避するのにどのように役立つかについての説明。

当社のプラットフォームのサービスへのアクセスを制限するようにZoomにリクエスト

見出し画像

多くの国には、1 人以上の居住者が特定の Zoom のミーティングやウェビナーに参加したり、主催したりするのを制限する法律があります。 当社は、ミーティングの停止を求める、または Zoom プラットフォームの一部へのユーザー アクセス制限を求める政府のリクエストについて、慎重にレビューをします。 法的に有効で適切な範囲設定がされていて充分な詳細情報のあるリクエストを正当な政府機関から受け取った場合、当社は適切な範囲の管轄区域からの参加を制限するアクションをとることがあります。 これらの規格を満たさないリクエストについては、拒否するか、異議を申し立てます。

当社の法的義務に準拠するために必要なものに対してだけに、とるアクションを制限するよう努力します。 当社は、サービス規約または利用ガイドラインに違反していると判断されない限り、リクエストしている行政機関の管轄外である場合、または適用される現地法の対象外である場合、ユーザーが当社のサービスにアクセスすることを妨げないものとします。

法律により禁止されていない限り、当社はアクセスを制限するためのリクエストで指定されている人に通知を行うよう試みます。. アカウントに関連付けられているメールアドレスに通知を送信します。

正規行政機関からリクエストを受け、死に至るまたは重傷を負う危険性を伴う緊急事態がある人物に生じていると Zoom が誠実に判断した場合(政府により直接概要が説明されるプロセス)を除いて、アクセス制限をリクエストする米国外にいる政府職員は、こちらの法執行機関対応システム(LERS)を介して、政府の公式メールアドレスから直接リクエストを送信する必要があります。

専門家証人の証言と録画の認証

見出し画像

当社は、適用される法令で要求される場合を除き、専門家による証言サポートを提供しません。 法律に従って、当社の録画は自己認証され、記録の管理者の証言を必要としません。 管轄区域で特別な認証が必要な場合は、リクエストに添付してください。