あらゆる人が満足するミーティング

当社では、あらゆるユーザーの皆様に満足していただけるよう、アクセシビリティを念頭に置いて製品の設計、開発、テストを行っています。

Zoom は、誰もがどこにいても簡単に人とつながることができる環境の実現を目指しています。

そのため、アクセシブルな製品を持続可能な方法で構築するためにチームをトレーニングしています。 当社では、複数の支援技術を駆使して製品をテストし、お客様のフィードバックに継続的に耳を傾け、お客様のニーズに合った製品を構築しています。

アクセシビリティ機能

  • アクセシビリティ設定

    アクセシビリティ設定でチャットと字幕のフォントサイズをカスタマイズします。 または、スクリーン リーダーで Zoom を使用している場合は、スクリーン リーダーのアラートを粒度制御して、聞こえるものに焦点を合わせます。

  • キーボードのアクセシビリティ

    キーボードだけですべての主要なワークフローを簡単に管理できます。 Zoomではキーボードショートカットでの各種機能への移動にも対応します

  • スクリーンリーダーのサポート

    画面がなくても、Zoomを使用できます。 最新のアクセシビリティ基準に従って、製品が最新のスクリーンリーダーに完全にアクセスできるようになります。

  • 自動トランスクリプト

    トランスクリプトは自動生成および自動同期され、クラウド内でミーティング録画を検索および確認しやすくします。

  • サードパーティの字幕

    字幕があれば一言一句見逃すこともありません。 ZoomはClosed Captioning REST APIを通じて、サードパーティーの字幕プロバイダーとシームレスにインテグレーションします。

  • ビデオの再配置

    ビデオをクリックして別の位置にドラッグすることにより、独自のカスタム ギャラリー ビューを作成します。

  • マルチ スポットライトとマルチ ピンニング

    ホストは通訳とスピーカーのビデオにスポットライトを当てることができるので、誰が話しているかに関係なく、誰もがそれらを見ることができます。 または、お客様のカスタムビュー用に複数のビデオをピン留めすることができます。

コンプライアンス

当社製品は、例外を除き、以下の規格に準拠しています。

WCAG 2.1 AA規格

改訂版セクション508規格

EN 301 549のアクセシビリティ要件

アクセシビリティに関する文書

改定日: 2021 年 2 月