Zoom はすべての人のために

アクセシビリティは、当社の取り組みの中心にあります。

Screenshot of the Zoom Meeting application with an ASL interpreter

Zoom の特長: バリアフリーのコミュニケーション

Zoom では、ユーザーを中心に据え、最優先しており、すべての人に対する包摂性を推進しています。 弊社はお客様の声に耳を傾け、最もアクセシビリティが高い最高のコミュニケーション体験を構築する方法を継続して模索しています。
  • 機能はすべての人のために: 無料ユーザーまたは有料ユーザーに関わらず、皆さまにオプションをご用意しています。
  • リアルタイムのインタラクション: ライブ文字起こし機能を使用することで、会話に遅れをとることはありません。
  • 完全な体験: レコーディングのハイライトや検索機能など、ミーティング中のサポートを超えたミーティング後に使用できる機能をご用意しています。

字幕と文字起こしオプション

  • ライブ文字起こし
    Zoom のミーティングとウェビナーでは、自動でライブ字幕を提供します。
  • 手動字幕
    ミーティング中に字幕を入力するユーザーを割り当てることができます。
  • サードパーティ字幕
    Zoom は、字幕入力 REST API を使用して、サードパーティの字幕プロバイダーとシームレスに統合します。
accessibility features

ビデオ オプション

  • マルチ スポットライト
    ミーティングのホストは、全員のビューに表示されるように、手話通訳者にスポットライトを当てることができます。
  • マルチピン留め
    優先して表示したいミーティング参加者を選択して、ご自分のカスタムビューにピン留めすることができます。
  • ギャラリー ビューの再配置
    ビデオタイルをクリックしてドラッグし、ご自分だけのビューを作成できます。

アクセシビリティ設定

   アクセシビリティ設定

アクセシビリティ設定でチャットと字幕のフォントサイズをカスタマイズできます。 または、スクリーン リーダーで Zoom を使用している場合は、スクリーン リーダーのアラートをきめ細かく制御して、聞こえるものに焦点を合わせます。

   キーボードのアクセシビリティ

Zoom での体験をキーボードだけで制御しましょう。 Zoom では、キーボードのショートカットをサポートしており、簡単に操作することが可能です。

   スクリーン リーダーのサポート

ビデオタイルをクリックしてドラッグし、自分だけのビューを作成できます。

Screenshot of the Zoom Accessibility Settings window

その他のアクセシビリティ機能

コンプライアンス

WCAG 2.1 AA 規格

改訂版セクション 508 規格

EN 301 549 のアクセシビリティ要件

アクセシビリティに関する文書

改訂日: 2021年7月