Zoom Cares logo

2022 年ソーシャル インパクト レポート

第 3 回年次レポートでは、2022 年における非営利組織パートナーのたゆまぬ努力と、Zoom のソーシャル インパクト アクティビティに焦点を当てています。

Zoom Cares Social Impact Report 2022
Eric Yuan - Zoom Cares

Zoom CEO からのメッセージ

Eric S. Yuan

Zoom は、イノベーションやプラスのインパクトの基盤として、人と人とのつながりの力を信じています。 人々がつながると、体験を共有したり、コミュニティをサポートしたり、大切な活動のために集まったりなど、世界を変えることができるのです。

私は人々をつなぐことが Zoom の目的で、会社としてのあらゆる行動の指針になると、常々思ってきました。 Zoom が米国の目的主導型企業を評価する 2022 年の Purpose Power Index で第 3 位に選ばれたことは、とても光栄です。なぜならこれは、Zoom のコアバリューである「ケア」が、社内のみならず、プラットフォームや行動、社会的責任への取り組みにも表れていることを示しているからです。

それこそが、Zoom のグローバルなソーシャル インパクト部門である Zoom Cares に他なりません。 Zoom Cares は 2020 年、変革の時期にスタートしました。 そして今年、非営利組織が新たな課題に直面している中、Zoom は非営利組織と一緒に、適応する新たな方法を模索し、自由に使用できるあらゆるリソースを生かしてグローバル コミュニティに最高のサービスを提供する方法を考え出しました。 Zoom は、常にアプローチを進化させ、Zoom のバリューである「ケア」をいつでも忠実に表現しようと努めています。

Zoom の第 3 回年次ソーシャル インパクト レポートでは、コミュニティにインパクトを与えている素晴らしいパートナーの皆様に焦点を当てています。 Zoom は、過去数年の間に登場し、適応準備ができている組織に感銘を受けてきました。 このような組織は、コミュニティとつながってサービスを提供する新しい機会を手にしています。 社会的不平等、気候災害、メンタルヘルス問題などの影響を受けている人々を支援するために、たゆまぬ努力を続けています。 このレポートでは、そんな組織のストーリー、成功、変化へのコミットメントを紹介します。

ささやかながらそのジャーニーのお手伝いができたことをとても光栄に思うと同時に、Zoom が人々をつなぐ手助けをして、世界にプラスのソーシャル インパクトをもたらせることをうれしく思います。

続きを読む

数字でみるインパクト

数字でみるインパクト

30,936,552 ドル

を寄付金や製品の現物寄付として Zoom と Zoom 従業員が提供

12,199,829 ドル

の助成金を Zoom が出資

20 か国以上で 91 組織をサポート

17,849,151 ドル

相当の製品を慈善組織に現物寄付

16 か国で 66 組織をサポート

100 か国 19,818 組織が Zoom の 50% オフの割引サービスを利用

887,572 ドル

相当を従業員の寄付とボランティア サポートで達成

Zoom 従業員は 441,968 ドルを寄付し、Zoom は 309,403 ドルをマッチング

Zoom 従業員の熟練ボランティアおよび非熟練ボランティアのサポートは 96,621 ドル相当

プロボノ イベントのサポートは 39,580 ドル相当

Zoom Cares の概要

Zoom Cares の概要

Zoom の目的

人々と地球のために、当社ビジネスの強みを活かして公平性の醸成、機会の民主化、制度の公正化の前進に向けて取り組みます。

Zoom は、次の 5 本の柱を中心としたソーシャル インパクト戦略を実行します。

Zoom Cares が関わる「慈善活動」のインパクト

慈善活動
Zoom の寄付がプラスのインパクトを後押しします。
Zoom Cares が関わる「製品」のインパクト

製品
Zoom 製品がグローバルなつながりをサポートします。
Zoom Cares が関わる「人」のインパクト


Zoom 従業員がコミュニティへ「ケア」を届けます。
Zoom Cares が関わる「力」のインパクト

ポリシー
Zoom のアドボカシーがプラスのシステム変革を促進します。
Zoom Cares が関わる「ポリシー」のインパクト


Zoom のアプローチは、社会から疎外された声を拾い上げます。

重点分野

Zoom は若者を中心に据えて活動し、社会から疎外されたコミュニティの学生や青少年を、以下の重点分野で後押ししています。

Zoom Cares が関わる「慈善活動」のインパクト

社会的公平性

Zoom Cares が関わる「製品」のインパクト

革新的な学習

Zoom Cares が関わる「人」のインパクト

青少年のメンタルヘルス

Zoom Cares が関わる「力」のインパクト

気候変動対策

Zoom のアプローチは、こうした問題と Zoom がサービスを提供する人々のインターセクショナルな性質を認識しています。 だからこそ、Zoom はこのようなコミュニティや生きた体験に精通している組織と意図的に協力関係を結んでいるのです。 Zoom の非営利組織のパートナーは、以下の基準を満たしています。

  • 黒人、先住民族、有色人種(BIPOC)のコミュニティに焦点を当てること
  • サービス提供先のコミュニティを代表するリーダーが指揮を執ること 
  • 年間予算 500 万ドル以内で運営すること
  • Zoom がプラスのインパクトをもたらすことができるグローバル市場に位置していること

慈善活動のインパクト

慈善活動のインパクト

Zoom は、コミュニティを中心にして助成するアプローチを採用して、コミュニティのリーダーを、Zoom の慈善活動における意思決定プロセスの最前線に据えています。 Zoom は例年通り、インパクトを最大限に高めるにあたってどのように Zoom のリソースを使うべきか見極めるため、第一線で問題対応に当たっているリーダーたちの声に耳を傾けて直接的に連携しました。 2022 年に 900 万ドルの資金をパートナー組織に振り向けられるように、専門知識を用いてご指南くださったアドバイザーの皆様、どうもありがとうございました。

この取り組みは、「力尽く」ではなく「力添え」です。

Zoom Cares のコミュニティ アドバイザー

コミュニティを中心に据えたアプローチに変わりはありませんが、助成の手続きは進化しています。 Zoom は、世界と人々が直面する課題が、枠にきれいに収まるものではないことを知っています。 このような課題はインターセクショナルで重なり合っているからです。 そのため、Zoom Cares は 2022 年、気候変動対策、社会的公平性、青少年のメンタルヘルス、教育などに関する体系的な変革に対し、インターセクショナルなアプローチをとる組織に焦点を当てた助成金制度を完成させました。

Zoom Cares のビデオ

Zoom とパートナーを組む助成対象組織は多様で、幅広いコミュニティや問題を取り上げています。 Zoom は、168 か国の一般市民グループを支援して気候危機に取り組む CLIMA Fund や、18 か国に 200 の支部を構えてアジアの若者や学生のコミュニティ向上に努める Dear Asian Youth など、グローバルに活動する組織とパートナーシップを結びました。

また、ほかにもシンガポールで社会から疎外された若者が貧困の連鎖を断ち切れるよう支援する Beyond Social Services、食料、生物の多様性、気候、廃棄物などの生態系プロジェクトに取り組むフランスの学生組織である Le RESES、トラウマや暴力、人種的不平等を経験したイギリスの若者を支援する 4Front Project など、地域コミュニティに焦点を当てた組織と連携しました。

そしてもちろん、Zoom 本社があるベイエリアでの取り組みも続けました。 助成対象組織の中には、サンマテオ郡の住民のためにコミュニティ レベルで気候変動対策に取り組む Climate Resilient Communities や、(特にアフリカ中心の教育を施す)教育機関と提携し、黒人学生が潜在能力を最大限に引き出せるように支援する A Black Education Network も含まれています。

少数の Zoom パートナー組織(コミュニティ アドバイザー、信頼ベースの出資仲間、助成対象の非営利組織である Ever Forward Club など)が、Zoom の年次顧客カンファレンス「Zoomtopia 2022」に参加し、コミュニティを中心とした利害関係者のエンゲージメントに関するソーシャル インパクト戦略を共有しました。 また、コミュニティ リーダーや専門家に助成についての話し合いに参加してもらうと、いかに多様なコミュニティでさらに大きなインパクトと公平性を実現できるかについても共有しました。

危機対応助成金

インターセクショナルなパートナーシップに加え、Zoom は危機対応助成金も継続しました。 この助成金により、Zoom はいざというときに行動を起こし、タイムリーにリソースを提供したり災害救援を実施したりする非営利組織を支援できます。 

2022年

Zoom は、20 か国 91 組織に 12,199,829 ドルの助成金を寄付

パートナーシップ助成金: 15 か国 56 組織に 10,634,608 ドル
を助成

危機対応助成金: 6 か国 17 組織に 830,221 ドル
を助成

地元社会への助成金: Zoom が本社を置くベイエリアの 18 組織に 735,000 ドルを助成

Zoom Cares が取り組むメンタルヘルス

インパクトの事例

メンタルヘルスに光を当てる

メンタルヘルス(特に青少年のメンタルヘルス)のサポートは、常に Zoom Cares の重点分野として位置付けられてきました。 ここでは、この分野における Zoom の取り組み(2022 年のパートナーシップや活動など)をご紹介します。

パンデミックによって、メンタルヘルスのサポートの必要性が深刻化しましたが、すべてのコミュニティがいつでもこのようなリソースにアクセスできるわけではないことを、Zoom は理解しています。 2022 年、Zoom はこの分野を専門とする他の組織と力を合わせて、メンタルヘルスへの対応と、LGBTQ+ の人々や有色人種のコミュニティに協力している青少年支持者への支援に乗り出しました。

Zoom は、Lady Gaga 氏とその母である Cynthia Germanotta 氏が共同設立した Born This Way Foundation とパートナーを組んで、コミュニティのメンタルヘルス リソースをサポートしました。 Zoom の助成金は、ベイエリアで思春期の若者や LGBTQ+ の青少年を支援する非営利組織、Adolescent Counseling ServicesLYRIC の 2 組織に提供されました。

また、Zoom は Biden-Harris 政権と連携して、ワシントン D.C. のホワイトハウスで開催された MTV Entertainment 主催の「Mental Health Youth Action Forum(青少年メンタルヘルス活動フォーラム)」にも参加しました。 そこで、30 名の青少年メンタルヘルス支持者の方々と出会い、寄付をさせていただく運びとなりました。

Mental Health Awareness Month(メンタルヘルス啓発月間)には、啓発と教育の増進を目指して、Zoom 従業員を対象に Inspire Talks(トークイベント)を開催しました。 Black Girls SmileAlientoKaleidoscope Youth Center などの非営利組織からパネリストが集結し、LGBTQ+ や BIPOC だと自認する人たちのメンタルヘルスに関する対話を発展させました。

Zoom は、社会から疎外されたコミュニティの多様なニーズを中心に据えて、このきわめて重要な活動を支持しているすべてのメンタルヘルス パートナーに感謝しています。

続きを読む

画像の説明: 2022 MTV Biden Administration Mental Health Youth Action Forum(2022 年 MTV Biden 政権による青少年メンタルヘルス活動フォーラム)で Zoom がサポートした青少年リーダー 30 名。

Zoom Cares - NIYEC

インパクトの事例

NIYEC

National Indigenous Youth Education Coalition(NIYEC)は、次世代の先住民族教育を改善し、推進する活動をしている、先住民主導の組織です。

オーストラリアは、経済協力開発機構(OECD)の組織で 4 番目に深刻な社会的人種差別が行われている教育制度と向かい合っています。 これは、教育上の不公平に直面すると考えられる学生、特に先住民族の青少年にとっては由々しき問題です。

NIYEC は、それを変えようとしています。 ボランティア ネットワークから始まったこの組織は、オーストラリアの教育システムの変革に取り組む非営利組織へと成長しました。 NIYEC は、アボリジニやトレス諸島民の若者と協力して新しいつながりを形成し、学校のカリキュラムや教育上の決定に先住民族の視点や教育学を取り入れるよう求めています。

同組織は、オーストラリアのあちこちにいる協力者とチームをつなぐために、長年にわたって Zoom を活用してきました。 「Zoom のおかげで、これまでコストの問題から手が届かなかったような人々にもアプローチできるようになりました。つまるところ、若者の拠点がどこにあっても、学習に取り組む機会をより多く提供できるようになったのです」と CEO 兼共同創設者の Hayley McQuire 氏は述べています。

Zoom からの助成金を基に、NIYEC は奉仕活動の規模をより多数の若者へと拡大し、さらには Zoom を使用したオンライン イベントの主催までも検討しています。

「NIYEC では、その教育制度で就学した先住民族の青少年の経験談に耳を傾け、検証し、このような議論を戦略や創造性に照らし合わせ、制度を変革へと導くという長所を生かした活動を共同設計しています。」
CEO 兼共同創設者、Hayley McQuire 氏

続きを読む

画像提供: NIYEC

製品のインパクト

製品のインパクト

人と人とのつながりは、仕事や学習、コミュニケーションの際には欠かせませんが、いつでも直接会って話ができるとは限りません。この数年は、それが特に困難な状況でした。 Zoom のプラットフォームを利用して、人と人をつなげ、ソーシャル サービスへのアクセスを拡大し、遠隔地のコミュニティと機会を結びつけ、学習機会の損失に歯止めをかけている組織の姿に、Zoom は感銘を受けています。

Zoom がなければ、コミュニティに大きな変化をもたらす人々やプログラムから、何百万人もが切り離されていたでしょう。 Zoom は、組織が Zoom プラットフォームの力を生かして、パートナーやコミュニティ メンバー、そしてサービス提供先の人々とつながる様子を目にできることを、光栄に思っています。

ウクライナでの紛争は、とりわけ罪のない子どもや若者、そしてその教育に及ぼしたインパクトという点において、誰もに衝撃を与えました。 Zoom 従業員は全員、パンデミックの際に Zoom プラットフォームがリモート教育において果たした重要な役割を誇りに思っています。そして、何百もの学校を破壊されたウクライナの教育者には Zoom のサポートが必要かもしれないということに、すぐに気づきました。 ウクライナの学生、教員、スタッフが引き続き学習してコラボレーションできるように、Zoom はウクライナ教育省とのパートナーシップを介して、弊社のテクノロジーと技術的専門知識を提供しました。 ウクライナでは現在、1,000 を超える学校と大学が Zoom を利用しています。 これは、ウクライナの人々を支援するために Zoom がこれまで実施してきた人道的寄付と、ウクライナにおける無料ホストのミーティング時間 40 分制限の解除に基づき実現しています。

Zoom Cares - Andrii Vitrenko 氏と Josh Kallmer

ニューヨークにて、ウクライナ教育省第一副大臣、Andrii Vitrenko 氏と、Zoom のグローバル公共政策および政府渉外責任者、Josh Kallmer。 画像: ウクライナ教育科学省のプレスサービス提供。

Zoom はまた、Indonesian Youth Diplomacy がインドネシアで主催した、2022 G20 Youth Summit(2022 年 G20 青少年サミット)の Y20(Youth-20)の主催者に対し、製品を寄付してイベントを支援しました。 青少年リーダーたちが協力して作成した政策提言は Y20 サミットで公表され、公式の G20 サミットの一環として世界のリーダーに向けて提示されました。

Zoomtopia 2022 では、Zoom Cares が初回となるパートナー パネルを主催し、Zoom の製品がもたらす世界的な利益について紹介しました。 Hopebound(非営利組織)のリーダーは、スタッフが中高生に対してどのように Zoom を使用した遠隔療法を提供しているのか紹介しました。また、Life Story Club は、高齢者の孤独や社会的孤立への対応策として、メンバーがどのように Zoom を使用して高齢者とのミーティングを毎週実施しているか紹介しました。

2022年

17,849,151 ドル相当の製品を寄付

16 か国 66 組織に Zoom ライセンスを寄付
100 か国 19,818 の非営利組織が、TechSoup とのパートナーシップを通じて、Zoom 製品の 50% 割引を利用
Zoom Cares - Campaign Zero

インパクトの事例

Campaign Zero

Campaign Zero は、警察が行う治安維持活動の枠を超えてコミュニティをサポートし、公共の安全を再定義する調査ベースのプラットフォームです。

この組織は Zoom を使用して、メリーランド州史上最大の治安改革法案を作成したという話でしたが、 実際のところ、Campaign Zero の共同創設者である DeRay Mckesson 氏によると、すべて 1 日で仕上げたそうです。

「Zoom のおかげで、全員がつながり、Zoom がなければ絶対にできないような作業セッションもできるようになりました。 法執行機関、立法府のリーダー、コミュニティのメンバー、その他の活動家と定期的にミーティングを実施して、最終的に歴史的な法案を成立させることができました」と DeRay 氏は述べています。

Campaign Zero はまた、Breonna Taylor 氏が殺害された後、複数の州で警察による無断強制家宅捜査の禁止または制限を求める法案の作成に貢献しました。 そうした法律を成立させるための組織的なミーティングも、Zoom で実施されました。

「このように、Zoom でつながったおかげで人生を変えるような法案の成立が早まったというような話は、無数にあります」と DeRay 氏は付け加えました。

すべてを対面式で進めていた当時は仕事の規模を拡大することが難しかったと、DeRay 氏は指摘します。 今や同氏は、全米の議員や活動家と毎週ミーティングできるようになりました。 「Zoom のおかげで状況は一変しました。 物理的な限界がなくなり、想像もしなかったような方法で仕事を結びつけられるようになりました」と同氏は述べています。

続きを読む

 

 

画像提供: Campaign Zero

Zoom Cares - AimHi Earth

インパクトの事例

AimHi Earth

AimHi Earth は、気候変動や持続可能性に関して、アクセシビリティが高く魅力的なオンラインのライブ トレーニングおよび教育を提供しています。これらは人々や組織に向けてキュレーションされ、データによる実証を得たうえで大規模に配信されます。

こと気候の危機や自然の危機となると、事実だけでは人々の行動を変えることはできません。 そこで AimHi Earth は、一流の科学者、行動心理学者、専門の語り手と協力し、気候に関する重要なトピックを、人々の普遍的な人間性に訴えかけるやり方で伝えています。

AimHi Earth は、Zoom が現物支給した製品を使用してトレーニング セッションへのアクセスを拡大し、Sky、Paramount、Ben & Jerry’s などの大企業と協力して、Great Ormond Street Hospital や BBC Children in Need などの慈善組織に割引セッションを提供しています。

「Zoom を使用したことで、さまざまな種類のソフトウェアをライブ セッションに組み込むことができたため、アニメーションやサウンド、ビジュアルなどの機能を強化でき、トレーニングの質が大幅に向上しました。 お陰様で、実に魅力的で記憶に残るトレーニングを提供できるようになりました」と、国際的インパクト リーダーの Abi Thomson 氏は述べています。 また、AimHi は Zoom のライブ通訳機能を活用して、COP27 Climate Masterclass をウェールズ人出席者という特別な視聴者に提供することができました。

2022 年に活動を開始して以来、AimHi Earth は公開セッションや企業セッションを通じて、1,500 人以上にアプローチしています。 セッション後のデータによると、出席者の 97% が感銘を受け、変革の一員となる覚悟ができたと感じているそうで、知識の力が見事に証明されています。

続きを読む

 

 

画像提供: AimHi Earth

人のインパクト

人のインパクト

Zoom にとって、従業員は Zoom の心臓部です。 Zoom 従業員は、お客様に向けた仕事のみならず、コミュニティに向けた仕事においても、Zoom のコアバリューである「ケア」を忘れることはありません。

Zoom 従業員は 2022 年、440,000 ドル以上を非営利組織に寄付し、チームで 2,200 時間以上のボランティア活動を行いました。 もう一度つながりを育む機会として対面式でのボランティア活動の再開を受け入れた Zoom 従業員が多数いた一方で、バーチャル式の機会がもたらす柔軟性とグローバル性の利点を活用する従業員もいました。

期待をはるかに上回る活躍を見せてくれた従業員を、Zoom は心から誇りに思っています。 その努力の賜物の一部をご紹介します。

  • 毎年実施している Back to School(新学年)キャンペーンにおいて、従業員は 38,000 ドル以上を募金し、教育関連の非営利組織に対して 150 時間以上のボランティア活動を行い、Zoom による 10,000 ドル以上の製品現物寄付を支援しました。
  • Giving Tuesday(感謝祭明けの火曜日を年次の慈善活動日とする運動)において、Zoom Cares は Zoom のダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン(DEI)チームと協力し、アイデンティティをベースにした従業員リソース グループ(ERG)6 グループ(Amigos de GuadalupeRainbow RailroadProject One TenAsian Task Force Against Domestic ViolenceMadreK9s For Warriors)が選択した非営利組織に、32,000 ドル以上を集めて寄付しました。
  • 毎年実施しているサイクリング キャンペーン、Tour De Zoom では、Zoom 従業員は世界の 22 の非営利組織に 48,000 ドル以上を集めて寄付しました。
  • Zoom は、デジタルの非営利組織クリニックを導入しました。このクリニックは、非営利組織が奉仕活動、利害関係者のエンゲージメント、プログラムの提供を改善できるように、Zoom 従業員がサポートするボランティア主導のセッションです。 初回のセッションには 3 大陸から 25 の非営利組織が出席しました。2023 年は四半期ごとの主催を予定しています。
  • Zoom は、STEM From Danceプロボノ コンサルティング プロジェクトで、Team4Tech と提携しました。 ボランティアの Zoom 従業員は、デザイン思考と専門スキルを駆使して、組織の緊急課題の解決を支援しました。

さらに、Zoom のイベント サービスチームは、パートナー組織が視聴者とつながり、コミュニティに参加し、教育し、リソースを共有できるように、39,580 ドル相当のプロボノ バーチャル イベント サポートを無償で提供しました。 そのイベントを一部ご紹介します。

2022年

寄付とボランティア活動によるサポートの総額: 887,572 ドル相当

Zoom 従業員は 441,968 ドルを寄付し、Zoom は 309,403 ドルをマッチング
1,441 人の Zoom 従業員が 22 か国 979 組織に寄付
プロボノ イベントのサポートは 39,580 ドル相当
Zoom 従業員の熟練ボランティアおよび非熟練ボランティアのサポートは 96,621 ドル相当
Zoom Cares - CORA

インパクトの事例

CORA

Communities Organized for Resource Allocation(CORA)は、飢餓、貧困、不平等、気候変動を中心としたグローバル規模の問題解決を支援する、持続可能なプログラムの構築を専門とする組織です。

フィリピンのラスピニャスにある 2 か所の海岸、パラニャーケ ウェットランド パークとマニラ湾の美しい自然は、海岸に散乱するゴミでことあるごとに台無しになります。 こうした地域をきれいに保つには、グループ単位の活動が必要です。

Planet CORA と USAID の協力のもと、マニラの Zoom 従業員はその友人や家族と一緒に、2022 年は海岸清掃を 2 回実施し、合計で 2,400 ポンド以上のゴミを集めました。 CORA はまた、二酸化炭素排出量を最小限に抑える方法を、ボランティアの人たちに伝授しました。

フィリピンを拠点にしている CORA は、海岸清掃や植林などの現地プロジェクト、そして教育や緊急対応などを活動の場としています。 ボランティア活動は CORA の活動の大きな柱です。CORA はコミュニティや民間企業のボランティアと一緒に、人類と地球を真に変革すべく奮闘しています。

「CORA は、誰もが自分らしいやり方で、世界に有意義な変化をもたらすために一役買う力を持っていると信じています。 一人ひとりの行動が大きな違いを生む一方で、力を合わせればどんなことでもできるようになるのです! ボランティア、コミュニティ、官民のパートナーとコラボレーションすれば、CORA のプログラムは包括的かつ持続可能な方法で、地球全土でさらに多数の人々にインパクトを与えられるようになります。」

CORA 創設者兼エグゼクティブ ディレクター、Antoinette Taus 氏

続きを読む

 

 

画像提供: CORA

Zoom Cares - KABOOM!

インパクトの事例

KABOOM!

遊び場の不公平を解消することを使命としている KABOOM! は、コミュニティと一体となって、子どもが喜びを感じながら帰属意識を育むことができる、子ども自らがデザインした遊び場を建設しています。

「遊び場は、子ども時代を象徴する存在です。 子どもにとって最高の思い出が生まれ、楽しめる場所であると同時に、身体的、精神的、感情的な健全性を育む重要なスキルを身につける場所でもあります」と KABOOM! の CEO、Lysa Ratliff 氏は述べています。

Zoom は、KABOOM! およびジョージア州ストーン マウンテン市と協力し、スペシャル プロジェクトとして、マッカーディ パークに子どもがデザインした新しい遊び場を建設しました。 Zoom のパートナーシップは、プロジェクト資金をサポートする助成金の提供や、ストーン マウンテン小学校への Zoom Meetings ライセンスの寄贈など、多岐にわたります。 しかし、このストーリーに命を吹き込んだのは、Zoom 全体の従業員によるボランティアの力です。

営業部門やカスタマー サクセス部門のリーダーを含む 70 名以上の Zoom 従業員のボランティアが、アトランタ近郊や遠くはカリフォルニアから参加したため、これは Zoom で最大規模の対面式ボランティア活動の 1 つとなりました。 Zoom 従業員のボランティアは、ストーン マウンテンの保護者やコミュニティ メンバーと一緒に、コンクリートを混合し、根覆いを移動し、遊具を組み立てました。

「私たち Zoom は、この素晴らしいプロジェクトに参加できたことを光栄に思っています。 ストーン マウンテン市の Beverly Jones 市長、ストーン マウンテン小学校の Char-Shenda Covington 校長、ストーン マウンテン市議会議員の Gil Freeman 氏、KABOOM! チーム、そしてこのために時間を割いてくれた Zoom 従業員の皆さん、どうもありがとうございました。 この先何年にもわたって、恵まれない子供たちに喜びを与え、帰属意識を育むことができる場所になることを願っています。

Nicole G.、 Zoom Cares

続きを読む

 

 

Zoom 従業員がボランティアを行う理由

「8 月にファイナンス チームとワークプレイス チームが集まったのですが、一緒に過ごすこの時間の一部をコミュニティへ還元することに疑問を持つ人はいませんでした。 チームの 180 人と協力して、Rise Against Hunger を手伝って 20,520 個の緊急支援食パックを梱包しました。 チームがこなしてくれた重要な活動に感謝するとともに、このチームに息づく「ケア」と仲間意識の精神に感銘を受けました。」

Kelly S.最高財務責任者テキサス、米国

Zoom Cares - Zoom 従業員がボランティアを行う理由 - 証言 1

「今年のボランティア活動の思い出のひとつは、Souths Cares の Liverpool Opportunity Hub と提携し、より多くのアクセスやつながりを必要とする学生にワークプレイスを案内したりトレーニングを提供したりしたことです。 これは、私たちのワークプレイス文化にとって本当に重要なことです!」

Emily M.ワークプレイスシドニー、オーストラリア

Zoom Cares - Zoom 従業員がボランティアを行う理由 - 証言 2

「オランダに拠点を置いて国際的に活動する Forward Inc. と一緒に、ボランティアで活動しています。この組織は、難民が起業の夢を追い続けられるように、ビジネスの立ち上げと規模拡大の支援を専門としています。 私たちが履歴書のフィードバックを提供したり、インスピレーション豊かなプログラムに貢献したりする際に役立つ Zoom のバーチャル ボランティア セッションは、ありがたい限りです。」

Alex R.エンタープライズ担当営業アムステルダム、オランダ

Zoom Cares - Zoom 従業員がボランティアを行う理由 - 証言 3

The Tech Interactive と一緒に、ボランティア活動を行いました。この組織は、700 人以上の子どもたちに、素晴らしい問題解決アクティビティを楽しめる最新のテクノロジー展示を紹介しています。 就学中に The Tech を訪れる学生の 60~70% は、タイトル 1(低所得者層)の学校と課外プログラムの学生で、The Tech は料金を全額免除しています! 私は、次世代の優秀な若手技術者のサポートにやりがいを感じています!」

Ojas A.ソフトウェア エンジニアリングカリフォルニア、米国

Zoom Cares - Zoom 従業員がボランティアを行う理由 - 証言 4

全社のインパクト

全社のインパクト

Zoom は全社をあげて、意義あるパートナーシップを築き、プラスの変化に貢献できるよう尽力しています。 Zoom の他のチームが、仕事を通じてどのように Zoom のバリューである「ケア」を体現しているかご紹介します。

ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン

Zoom のダイバーシティ・エクイティ・インクルージョン(DEI)チームは、従業員とお客様のために、インクルーシブな従業員、ワークプレイス、マーケットプレイス、コミュニティの実現に努め、「ケア」という Zoom のコアバリューを体現しています。 

歴史的黒人大学(HBCU)の重要性とテクノロジー業界への貢献を称えるために、Soul@Zoom の従業員リソース グループ(ERG)のリーダーたちが中心となって、第 1 回 HBCU 週間を主催しました。 スポットライト、パネル、談話、募金活動を通じて、日替わりで各 HBCU を称え、HBCU への進学でどのようにキャリアや考え方が形作られたのかを共有する Zoom 従業員の話に耳を傾けました。

昨年、DEI チームは Zoom Talks を 12 回主催し、俳優で活動家の Kal Penn 氏、作家の Anand Ghiridaradas 氏、宇宙飛行士の José Hernandez 氏、LeanIn.org の Rachel Thomas CEO など、影響力のあるスピーカーを招きました。 Zoom Talks は Zoom 従業員にとって、世界中から集まった素晴らしいゲストとのパートナーシップにより、お互いのバックグラウンドや経験についての詳細情報を得る機会です。

Zoom の ERG コミュニティは、Coexist@Zoom の設立とともに成長しました。Coexist@Zoom は、ハブである Muslims@Zoom と Shalom@Zoom からなるグループで、信仰や文化のコミュニティをまたいだ、異なる宗教間や異文化間のやり取りを専門としています。

Zoom は、DEI のさまざまな側面に焦点を当てた Hone とのパートナーシップにより、新しいトレーニングを導入しました。また、社内の人材および組織開発チームと協力して、Zoom 従業員を対象に無意識の偏見と包括的なリーダーシップに関するトレーニングを取り入れました。

対外的には、DEI チームは Zoom のバーチャル アバター機能の開発において、重要な役割を果たしました。 Zoom ユーザーの一人ひとりが、自分のデザインしたアバターのおかげで自分を認識してもらえている、アバターが自分を表現していると感じられるようにしたかったので、DEI は社内のデザインチームと協力して、どのようにアバターを拡張するかテストし、開発し、提案しました。 Zoom は、アバターでどんなアイデンティティでも表現できるようにするため、ERG と密接に協力してこの機能の改善を続けています。

持続可能性

Zoom は、持続可能性とは広範かつ全体的なもので、環境だけの話ではなく組織全体のトピックをカバーすると考えています。 Zoom の持続可能性と、環境・社会・ガバナンス(ESG)プログラムは、人・コミュニティ・環境・信頼の 4 本柱からなるフレームワークで構成されています。 

主なプログラムの実績を以下にご紹介します。 

  • 3 年間の温室効果ガス排出量を定量化することで、傾向を把握して目標を設定し、優先度の高い行動を介して削減量を最大化。 
  • 社会、環境、ガバナンスについてのあらゆる指標を一元的に保管する場所を確保するために、そして SEC の気候変動に関する開示要件を見据えて、Salesforce の Net Zero Cloud を採用。
  • お客様からの問い合わせに対応して評価を向上させるために、サードパーティの評価者に対して積極的に関与。
    2022 年度のフレームワークと成果をまとめた第 1 回 ESG レポートを発行。
  • Zoom の年次顧客カンファレンスである Zoomtopia において、パネル「Exploring New Dimension: Sustainability & ESG at Zoom(新たな次元を探る: Zoom における持続可能性と ESG)」で、Zoom 独自の運用視点を提示。

Zoom の持続可能性と ESG プログラム、および 2023 年度 ESG レポートの発行予定については、Zoom のウェブサイトをご覧ください。

トラスト&セーフティ 

Zoom のお客様、特に若者がオンラインで安全に、そして安心して過ごせるようにすることは、Zoom にとってきわめて重要です。 今年、Zoom のトラスト&セーフティ チームは、大きな進歩を成し遂げました。コミュニティや業界、そして政府組織とのパートナーシップにより、Zoom の使用中にコミュニティを安全に保つ新たなプロセスや製品機能を開発したのです。 その功績の一部をご紹介します。

ありがとうございます!

ありがとうございます!

Zoom のコミュニティへの「ケア」は、「世界をつなげる」という Zoom の企業目的と密接に関連しています。 世界にプラスのインパクトをもたらすような、きわめて重要な活動をしている組織をサポートする機会をいただいていることは、実にありがたく恵まれていることだと思っています。

zoomcares.zoom.us にアクセスして Zoom の取り組みをフォローし、Zoom の最新の寄付金発表やパートナーについての詳細情報をご覧ください。

方法

Zoom の 2022 年ソーシャル インパクト レポートでは、Zoom Cares とパートナーが 2023 年度(2022年2月1日~2023年1月31日)に遂行したアクション、活動、取り組みを紹介しています。

このレポートの目標は、ここ Zoom で私たちが社会貢献の取り組みの詳細情報を何一つ隠し立てせず正確に共有することです。 ここではこのレポートを作成するために使用したデータの収集・分析方法についてご紹介します。

慈善活動

Zoom Cares の助成金については、Zoom の慈善プログラムの資金を管理・運営している Tides Foundation のパートナーのサポートを得て報告しています。 なお、Zoom の慈善活動の一部は、Zoom から直接提供されており、該当する情報の数値は、手動で追跡・報告しています。

製品

寄付した製品の数は、従業員からのチケット リクエストと従業員の自己申告に基づいて集計しています。 寄付した製品の価値は、2023 年 3 月現在の料金モデルに基づいて算出しました。

Zoom 従業員が Zoomies Cares プログラムを通じて寄付した金額は、Zoom が追加した同額の寄付金額と一緒に社内の Benevity プラットフォームで追跡しています。 Zoom 従業員の熟練ボランティアと非熟練ボランティアのサポート額は、Taproot Foundation の時間当たりの推定値を用いて算出しました。

イベント サービス

Zoom のイベント サービスチームが慈善イベントでプロボノ活動を実施した時間の価値は、プロジェクト別の有料イベントに適用される標準コストに基づいて換算しています。