Zoom の VoIP サービス

どこからでも電話を受発信できます。 VoIP を利用すると、柔軟で信頼性が高く高品質の音声コミュニケーションを実現でき、今日の従業員のビジネス環境を強化できます。

Multi-Line Phone Systems for Business

VoIP の仕組み

VoIP(Voice over internet protocol)を使用すると、ユーザーはインターネットを介して電話を受発信できます。 VoIP では、有線の固定電話機からアナログ スイッチ、銅線、構内交換機のネットワークを介して通話を送信する代わりに、音声通信をデジタル データに変換し、インターネット接続を介して宛先に転送します。

VoIP 通話は、デスクトップ、ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末など、信頼性の高いインターネット接続を備えた任意のデバイスで行うことができます。 その広範なビジネス機能により、ユーザーはオフィス用固定電話機のように物理的な場所に依存することなく、どこからでも電話を受発信できます。

ここ数年であらゆる規模の企業が VoIP を利用するようになり、VoIP が従来の電話システムに取って代わり、ますますモバイル化が進む世界で従業員の通信に必要なツールとなりました。

ビジネス用 VoIP サービスと一般家庭用 VoIP の違いとは

一般家庭用 VoIP

一般家庭用 VoIP 電話プランは、ボイスメール、キャッチホン、コール ブロッキング、発信者 ID、Enhanced 911(E911)位置情報テクノロジーなどの機能が制限されている一方、一般的に単純でわかりやすい内容です。

ビジネス用 VoIP

ビジネス用 VoIP では、自動転送、コール ルーティング、カンファレンス ブリッジ、自動応答、通話レコーディング、ウィスパー、ビジネスニーズをサポートする仮想内線など、より堅牢な機能を利用できます。 組織の通話量は一般家庭より多いため、ビジネス VoIP システムでは一度に複数の同時通話を処理できる必要があります。

VoIP サービスの利点と従来の電話の利点

ビジネス組織は VoIP 電話サービスを利用することで、展開や拡張の機能とサービスを増強でき、コミュニケーション方法の柔軟性を高めることができます。

一般電話サービス(POTS)からの切り替えを検討している企業は、VoIP サービスに切り替えると、有線の固定電話機や固定電話用インフラストラクチャなど、従来の電話機能の制限を解消できる点に気付くでしょう。特に多くの企業がリモート ワーカーをサポートしている状況では、特にこの傾向が顕著です。

従来の電話サービスと比較した VoIP の利点を少々みてみましょう。

クラウド VoIP

  • インターネットに接続された任意のデバイスで電話を受発信
  • ヘッドセットなどのエンドユーザー デバイスの価格が手ごろ
  • ユーザーや拡張機能の追加や削除がすばやく簡単
  • コールキュー、コール ルーティング、自動転送などの広範な機能
  • 手ごろな価格の国内または国際プラン
  • リアルタイムで通話パフォーマンスをモニタリング

従来の電話サービス

  • 有線の固定電話機でのみ使用可能
  • ハードウェアの購入、インストール、アップグレードのため高コスト
  • スケーリングに新しいハードウェアのインストールが必要
  • ビジネスに必要な機能を追加していくと追加コストが発生
  • 一般的にコストが高めで予想外のコストも発生(代表例は国際通話使用時)
  • 問題の解決が時間を要し困難

ユニファイド コミュニケーションに組み込まれた VoIP サービス

VoIP 電話サービスはインターネット経由で提供されるため、クラウドベースのユニファイド コミュニケーション プラットフォームにシームレスに追加できます。

What are multi-line phones

Unified Communications as a Service とは

Unified Communications as a Service(UCaaS)とは、さまざまな通信サービス(ビデオ、オーディオ、ウェブ カンファレンス、エンタープライズ向けの電話、インスタント メッセージなど)を一手に提供するクラウドベースの単一プラットフォームを指します。

組織が 1 つのプラットフォームで通信を統合することで、ユーザーは簡素化された一貫性のある体験が得られます。 またアカウント管理者とコラボレーション管理者の管理作業もシンプルになります。

UCaaS の利点

UCaaS はさまざまな規模、業界、地域の組織に多くのメリットをもたらします。

使いやすい

ビデオ カンファレンス用に単一のプラットフォーム、チャット用に別のプラットフォーム、電話サービス用にさらに別のプロバイダーを使用する従来技術と異なり、UCaaS では、すべてのビジネス ネットワークのコミュニケーション手段が一括でそろうワンストップ ショップ体験を提供します。

柔軟性と適応性

UCaaS は、組織の成長に合わせてユーザーを簡単に追加できる柔軟な展開オプションを提供します。 クラウドベースの管理者プラットフォームには、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレット端末からアクセスでき、リモートワークやハイブリッド ワークの従業員をサポートします。

シームレスなコラボレーション

ユーザーは 1 つのプラットフォーム内で電話をライブ ビデオ カンファレンスに簡単に移行でき、画面共有やホワイトボードなどの機能を使用して、効率的なリアルタイム コラボレーションができます。

安全と信頼性

インターネット サービス中断時や災害時の安全性と信頼性を向上するため、Zoom はエンタープライズ グレードのクラウド コミュニケーションを採用しています。

ビジネス向けのサービスとしてのユニファイド コミュニケーションの利点の詳細情報をご覧ください。

Zoom Phone の VoIP だけの特徴とは

Zoom Phone は、組織のオーディオ、ビデオ、チャット コミュニケーションを 1 つの使いやすいプラットフォームに統合し、一元化できるクラウド電話システムです。

Zoom Meetings とのシームレスな統合

気軽にかけた電話が、即席の電話ミーティングに発展することもあります。 Zoom Phone を使用している場合は、通話をビデオ カンファレンスに簡単に移行させることができ、ほかの出席者を招待することもできます。

シンプルなプランと価格設定

複雑な通信事業者と契約の管理をすべて止めましょう。 グローバル セレクト プランでは、45 以上の国と地域を対象とし、ユーザーごとに 1 つの至極シンプルな定額料金で無制限の通話を提供しています。

BYOC (Bring Your Own Carrier)

Zoom の BYOC オプションを使用すると、Zoom Phone の利点と機能を活用しながら、柔軟に既存のサービス プロバイダー、契約、電話番号、通話料金を維持できます。

Zoom One

単一サービスにチャット、電話、ホワイトボード、ビデオ ミーティングを統合することで、最新のコラボレーションを実現します。

  • チャット メッセージから電話を開始、またはビデオ ミーティングを開始
  • デスクトップやルームからホワイトボードでコラボレーションを行い、参加していなかったユーザーにもその内容を手軽に共有
  • プレゼンス状態を一見し、同僚がオンラインかオフラインかを把握

Zoom One: コミュニケーションとコラボレーションのツールを統合したオールインワン ソリューション。

VoIP 電話サービスについてよくあるご質問

VoIP 電話サービスは、一般的に従来の固定電話ソリューションよりも安価です。大きな理由は、必要なハードウェアのコストの低さで、通常はヘッドセットなどの USB デバイスのみ必要です。 通常、月額料金は従来の電話回線よりも低くなります。Zoom Phone プランはユーザー 1 人当たり月額 8 ドルからです。グローバル セレクト プランでは 40 以上の国と地域を対象に無制限の国内通話をユーザー当たり月額 20 ドルで提供しています。 無制限通話プランを選択した場合、すべての VoIP 通話がプランの固定料金で賄われます。

オンプレミス VoIP には、組織のオフィス内で設置し、保管するハードウェアがあります。 機器の設置、保管スペース、インフラストラクチャのほか、保守と拡張に必要な IT リソースに、相当の先行投資コストが必要です。

ホスト型 VoIP では、VoIP プロバイダーがセットアップ、ホスト、保守を担当します。 ホスト型 VoIP はクラウドベースであるため、オンサイトの物理的インフラストラクチャや機器について心配する必要はありません。 ユーザー当たりの月額料金で、VoIP プロバイダーが電話システムの実行と保守の責任をすべて担います。

VoIP サービスは、インターネット接続、スピーカー、マイクを搭載したすべてのデバイスで機能します。 ユーザーは、ソフトフォンを使用してインターネットに接続されている限り、デスクトップ、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレット端末から電話を受発信できるため、オフィス外で仕事をするときの柔軟性と可動性が向上します。 VoIP はビジネス向け固定電話機の大半とシームレスに連携します。

お使いの VoIP テクノロジーが通話暗号化やセッション初期化プロトコル(SIP)認証などの強力なセキュリティ対策を使用している場合は、通信とデータの保護に役立ちます。 Zoom がお客様の情報とプライバシーを保護している仕組みをご覧ください。

コンピュータ、有効なマイク、サウンドカード、強力なインターネット接続さえあれば、VoIP 通話を発信できます。 Zoom Phone にサインアップした場合に必要となりうる機器などの詳細情報については、Zoom の推奨ハードウェアをご覧ください。

ビジネスに最適な VoIP サービスを使用すると、同僚、顧客、パートナーといつでもどこでも、つながることができます。 VoIP は、過去の電話システムのような 1 回限りのスタンドアロン サービスではありません。 ミッション クリティカルなコミュニケーション ニーズのすべてをサポートする UCaaS プラットフォームの一部として、非常に信頼性が高い柔軟な電話サービスを提供するプロバイダーを探してください。

Zoom Phone の高品質オーディオ、グローバル カバレッジ、合理化された管理、簡素化された価格設定と請求に加え、ユーザーは真に差別化されたコミュニケーション ソリューションを実現する高解像度ビデオ ミーティング、ウェビナー、チャット、アプリ連携を利用できるようになります。

組織はビジネスのニーズと目的に応じて VoIP プロバイダーを評価する必要があります。 VoIP プロバイダーを比較し、検討するときは次のような質問をするようお勧めします。

  • プロバイダーは組織が必要とするサービスと機能をすべて提供していますか?
  • プラットフォームは安全ですか? プライバシーとデータの保護に役立ちますか?
  • 十分な信頼性がありますか? 高品質で信頼性の高いサービスを提供した実績はありますか?
  • ユーザーに直感的な体験を提供していますか?
  • プラットフォームは、Salesforce や Microsoft Outlook など、ビジネスに不可欠なアプリケーションとシームレスに統合できますか?
  • ユーザーを簡単にプロビジョニングして管理できますか?
  • プラットフォームにどの程度の柔軟性がありますか? BYOC(自身の電話キャリアの使用)、サードパーティの SIP トランキング、柔軟な API などのオプションを使用できますか?
  • ソリューションは費用対効果に優れていますか? 複数の契約、ハードウェアへの投資、メンテナンスの必要性を排除することで、資金を節約できますか?
  • 自分が利用しているプロバイダーは、UCaaS ソリューションの一部として VoIP を提供していますか?

クラウドベース VoIP では、VoIP(Voice over Internet Protocol)テクノロジーを利用し、音声通話をデジタルデータに変換することで、ユーザーがインターネットを経由して通話を受発信できます。 このサービスは、PBX などのオンプレミスの電話システム ハードウェアは使用せず、既存のインターネット インフラストラクチャを使用してクラウド サーバー上でホストされています。

VoIP では信頼性の高いインターネット接続が必要となるため、帯域幅が限られていると通話品質が低下し、通話が切れてしまう場合があります。 電源やインターネット接続が失われると、VoIP 回線が機能しません。 頻繁に停電や切断が発生したり、帯域幅に限りがあったりする環境は、VoIP に適していない可能性があります。

新しい電話機が必要ですか?

Zoom Phone Hardware as a Service では、最新のデバイスにアクセスでき、手頃な月額固定価格の廉価なハードウェア オプションを利用して VoIP 電話サービスを拡張できます。

Zoom Phone - Best Multi-line Phone for Business

Zoom Phone を今すぐ開始するには、営業担当にお問い合わせください。

続行するには、このポリシーに同意する必要があります。

このフォームを送信することで、プライバシー ポリシーサービス規約に同意したものと見なされます。