Zoom の VoIP 電話サービス

どこからでも電話を受発信できます。 VoIP があれば、柔軟で信頼性の高い、高品質の音声コミュニケーションを実現することができ、労働力の強化につながります。。

VoIP の仕組み

VoIP(Voice over internet protocol)を使用すると、ユーザーはインターネットを介して電話を受発信することができます。 VoIP は、有線のデスクフォンからアナログ スイッチ、銅線、構内交換機のネットワークを介して通話を送信する代わりに、音声通信をデジタル データに変換し、インターネット接続を介して宛先に転送します。

VoIP 通話は、デスクトップ、ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなど、信頼性の高いインターネット接続を備えた任意のデバイスで行うことができます。 その広範なビジネス機能により、ユーザーは、デスクフォンのような物理的な場所に依存することなく、どこからでも電話を受発信することができます。

過去数年間、あらゆる規模の企業が VoIP を利用するようになり、従来の電話システムに取って代わり、ますますモバイル化が進む世界で通信するために必要なツールを従業員に提供してきました。

ビジネス用 VoIP サービスと住宅用 VoIP の違いは何ですか?

住宅用 VoIP

住宅用 VoIP 電話プランは、ボイスメール、キャッチホン、コール ブロッキング、発信者ID、エンハンスド 911(E911)ロケーション技術などの機能が制限されているため、一般的に単純でわかりやすいものとなっています。

ビジネス用 VoIP

ビジネス VoIP には、通話転送、通話ルーティング、カンファレンス ブリッジ、自動応答、通話録音、ささやき声の聞き取り、ビジネス ニーズをサポートする仮想内線など、より堅牢な機能が搭載されています。 組織で活動すると通話量が多くなるため、ビジネス VoIP システムは一度に複数の同時通話を処理できなければなりません。

VoIP サービスと従来のテレフォニーの利点

VoIP 電話サービスにより、組織は通信方法の柔軟性が高まり、展開とスケーリングのための機能とオプションが増えます。

一般電話サービス(POTS)からの切り替えを検討している企業は、VoIP があれば、有線デスクフォンや固定電話インフラストラクチャなど従来のテレフォニー機能の制限を解消できる点に気付いている場合があります。特に多くの企業がリモートワーカーをサポートしている状況下でこの傾向が高くなっています。

従来の電話サービスと比較した VoIP の利点をいくつか見てみましょう。

クラウド VoIP

  • インターネットに接続されたデバイスで電話を受発信する
  • ヘッドセットなどの手頃な価格のエンドユーザーデバイス
  • ユーザー / 拡張機能をすばやく簡単に追加または削除可能
  • コールキュー、コール ルーティング、コール転送などの広範な機能
  • 手ごろな価格の国内 / 国際プラン
  • リアルタイム通話パフォーマンス監視

従来の電話サービス

  • 有線のデスクフォンに限定される
  • ハードウェアの購入、インストール、アップグレードに費用がかかる
  • スケーリングに新しいハードウェアのインストールが必要
  • ビジネス機能の追加でコストがかさむ
  • 一般的にコストがより高価で発生が予測不可能、特に国際通話を使用する場合は顕著になる
  • 問題の解決が困難で時間がかかる

ユニファイド コミュニケーションの一部としての VoIP サービス

VoIP 電話サービスはインターネット経由で提供されるため、クラウドベースのユニファイド コミュニケーション プラットフォームにシームレスに適合します。

Unified Communications as a Service とは何ですか?

ユニファイド コミュニケーションサービス(UCaaS)とは、さまざまな通信サービス(ビデオ、オーディオ、ウェブカンファレンス、エンタープライズ向けテレフォニー、インスタント メッセージなど)を提供する単一のクラウドベースのプラットフォームを指します。

組織が 1 つのプラットフォームで通信を統合することで、ユーザーは簡素化された一貫性のあるエクスペリエンスが得られます。 また、IT およびコラボレーション管理者の管理も簡素化されます。

UCaaS の利点

UCaaS は、さまざまな規模、業界、地理的地域の組織に多くのメリットをもたらします。

使いやすい

UCaaSは、ビデオ会議用に単一のプラットフォーム、チャット用に別のプラットフォーム、電話サービス用にさらに別のプロバイダーを使用する代わりに、すべてのビジネスコミュニケーションにワンストップショップエクスペリエンスを提供します。

柔軟性と適応性

UCaaSは、組織の成長に合わせてユーザーを簡単に追加できる柔軟な展開オプションを提供します。 クラウドベースの管理者プラットフォームには、ラップトップ、スマートフォン、またはタブレットからアクセスでき、リモートの従業員をサポートします。

シームレスなコラボレーション

ユーザーは、1つのプラットフォーム上で電話をライブビデオ会議に簡単に昇格させ、画面共有やホワイトボードなどの機能を使用して、効率的なリアルタイムコラボレーションを実現できます。

安全と信頼性

企業グレードのクラウドコミュニケーションは、オンプレミスネットワークと同じくらい安全であり、複数の安全なデータセンターにより、停電や災害時にビジネス継続性を維持するためのより信頼性の高いオプションになります。

ビジネス向けのサービスとしての統合コミュニケーションの利点の詳細をご覧ください。

Zoom Phone の VoIP の独自の点は何ですか?

Zoom Phone は、組織の音声、ビデオ、チャット コミュニケーションを 1 つの使いやすいプラットフォームに統合および一元化できるクラウド電話システムです。

Zoom Meetings とのシームレスな統合

時に、気軽にかけた電話が即席の電話ミーティングに変わることもあります。 Zoom Phone を使用すると、通話をビデオ カンファレンスに簡単に昇格させたり、他の参加者を招待したりできます。

シンプルなプランと価格設定

複雑な通信事業者と契約の管理に別れを告げましょう。 グローバルプランでは、40以上の国と地域で、ユーザーごとに1つの定額料金で無制限の通話を提供しています。

BYOC (Bring Your Own Carrier)

ZoomのBYOCオプションを使用すると、Zoom Phoneの利点と機能を利用しながら、既存のサービスプロバイダー、契約、電話番号、および通話料金を柔軟に維持できます。

Zoom ユナイテッド

すべてのデバイスで、ミーティング、電話、チャットを行えますを。

  • ワン クリックでチャットや通話からミーティングに切り替え
  • 最高品質のビデオとオーディオで、業界をリードするユーザビリティを実現
  • Windows、MacOS、Linux のほか、iOS や Android OS にも対応するアプリ

Zoom Phone、Meetings、Chat は、まとめて購入すればお得です。

今すぐ始める

VoIP 電話サービスに関するよくある質問

VoIP 電話サービスは、特に必要なハードウェアが安価であるため、従来の固定電話ソリューションよりも一般的に手頃な価格です。通常は、ヘッドセットなどの USB デバイスのみ必要になります。 通常、月額料金は従来の電話回線よりも低くなります。Zoom Phone プランはユーザー 1 人当たり月額 8 ドルからです。グローバル セレクト プランでは 40 以上の国と地域で無制限の国内通話をユーザー当たり月額 20 ドルで提供しています。

オンプレミス VoIP には、組織のオフィス内に設置、収容されるハードウェアがあります。 設置、機器のスペースとインフラストラクチャ、保守と拡張のための IT リソースには、かなりの先行投資コストが必要です。

ホスト型 VoIP は、VoIP プロバイダーによってセットアップ、ホスト、保守されます。 ホスト型 VoIP はクラウドベースであるため、オンサイトの物理インフラストラクチャや機器について心配する必要はありません。 ユーザー当たりの月額料金で、VoIP プロバイダーが電話システムの実行と保守のすべての責任を処理します。

VoIP サービスは、インターネット接続、スピーカー、マイクを搭載したすべてのデバイスで機能します。 ユーザーは、ソフトフォンを使用してインターネットに接続されている限り、デスクトップ、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットから電話を受発信できるため、オフィスの外で作業する際の柔軟性と可動性が向上します。 VoIP はビジネス向けデスクフォンの大半とシームレスに連携します。

固定電話と VoIP には、それぞれ独自のセキュリティの脆弱性と懸念があります。 ただし、VoIP プロバイダーが通話暗号化やセッション初期化プロトコル(SIP)認証などの強力なセキュリティ対策を使用している場合は、通信とデータを攻撃から保護するのに役立ちます。 Zoomががお客様の情報とプライバシーをどのように保護しているかをご覧ください

ビジネスに最適な VoIP サービスを使用すると、同僚、顧客、パートナーといつでもどこでもつながることができます。 VoIP は、過去の電話システムのような 1 回限りのスタンドアロン サービスではなくなりました。 ミッション クリティカルなコミュニケーション ニーズのすべてをサポートする UCaaS プラットフォームの一部として、非常に信頼性が高い柔軟なテレフォニー サービスを提供するプロバイダーを探してください。

Zoom Phoneの高品質オーディオ、グローバルカバレッジ、合理化された管理、シンプル化された価格設定と請求に加えて、ユーザーは、真に差別化されたコミュニケーションソリューションを実現する高解像度ビデオ会議、ウェビナー、チャット、およびアプリインテグレーションのロックを解除することもできます。

組織は、ビジネスのニーズと目的に応じて VoIP プロバイダーを評価する必要があります。 VoIP プロバイダーを比較、検討する際に確認すべき質問事項を次に示します。

  • プロバイダーは組織が必要とするすべてのサービスと機能を提供しているか?
  • プラットフォームは安全か? プライバシーとデータは保護されるか?
  • 信頼性は確保されていますか? 高品質で信頼性の高いサービスを提供した実績はあるか?
  • ユーザーに直感的なエクスペリエンスを提供するか?
  • プラットフォームは、SalesforceやMicrosoft Outlookなどのビジネスに不可欠なアプリケーションとシームレスに統合されるか?
  • ユーザーを簡単にプロビジョニングして管理できるか?
  • プラットフォームはどの程度柔軟性があるか? BYOC(自身の電話キャリアの使用)、サードパーティのSIPトランキング、柔軟なAPIなどのオプションを使用できるか?
  • ソリューションは費用対効果に優れていますか? 複数の契約、ハードウェアへの投資、メンテナンスの必要性を排除することで、資金を節約できますか?
  • 私が利用しているプロバイダーは UCaaS ソリューションの一部として VoIP を提供していますか?

クラウドベース VoIP では、VoIP(Voice over Internet Protocol)テクノロジーを利用し、音声通話をデジタルデータに変換することで、ユーザーがインターネットを経由して通話を受発信できます。 このサービスは、PBX などのオンプレミスの電話システム ハードウェアは使用せず、既存のインターネット インフラストラクチャを使用してクラウド サーバー上でホストします。

VoIP では信頼性の高いインターネット接続が必要となるため、帯域幅が限られている場合は、コール品質が低下し、切れてしまう場合があります。 電源やインターネット接続が失われると、VoIP 回線が機能しません。 頻繁に停電や切断が発生したり、帯域幅に限りがあったりする環境は、VoIP が適していない可能性があります。

新しい電話が必要ですか?

Zoom Phone Hardware as a Serviceを使用すると、最新のデバイスにアクセスし、手頃な月額固定価格で予算にやさしいハードウェアオプションを使用してVoIP電話サービスを拡張できます。

Zoom Phone を今日から使い始めるために、営業部へお問い合わせください!

You must agree to this policy to continue.

このフォームを送信することで、プライバシー ポリシーサービス規約に同意したものとみなされます。