お客様に求められる基本および拡張機能のすべて

今すぐ購入

Zoom Phone管理

Zoom の強力な管理ポータルを通じて、どこからでもクラウド電話システムをプロビジョニング、管理、モニタリング

通話プラン

必要に応じて無制限および従量制の通話プランを組み合わせることができます

ご使用中のキャリアの持ち込み

これまで使用してきた音声回線/トランクをZoom Phoneクラウドにリダイレクトすることで、Zoom PhoneクラウドPBXサービスを強化

電話のナンバーポーティング

これまで使用してきたサービスプロバイダからの電話番号の新規登録や移行

デバイス管理

Zoom管理者ポータルから標準的なデスクフォンデバイスの割り当て、プロビジョニング、管理を行います

グローバル通話ルーティング

営業時間、時間外、複数のタイムゾーンにまたがる通話ルーティングの設定と管理が可能です

自動応答

無制限の複数のレベルの自動応答を定めて、通話をキュー、内線、ボイスメールに効率的にルーティング

コールキュー

自動化された通話分散とキューオーバーフローのルールを定義できる強力なキューイング機能

コンタクトセンターの統合

Five9およびTwilio Flexによる高評価のサービスとしてのコンタクトセンター(CCaaS)ソリューションへの手軽なインテグレーション

保留音

保留のためひたすら待っている発信者に聴かせる音声をカスタマイズ

通話記録

着信コールと発信コールを追跡します。 発信者名、番号、および通話所要時間をタイムスタンプで表示します

品質ダッシュボード

Zoom Phoneの通話品質とネットワーク上の問題の監視、トラブルシューティング、診断

緊急時の通話

強化された緊急時の通話の場所を設定し、オプションの緊急呼出しインターセプトおよびリダイレクトルールを定義できます

名前でダイヤル

番号でダイヤルする代わりに、名前を選択して連絡先に発信

シングルサインオン

ポピュラーな SSO(シングル サインオン)ソリューションを使用して、安全かつ容易な Zoom へのアクセスを実現

バーチャル PBX 電話システムを選ぶ理由

バーチャルまたはクラウド PBX システムでは、固定電話と同様、PC やモバイル端末から電話を受発信することができます。 インターネット接続さえあれば、電話をかけることができます。

PBX システムの仕組み

従来の PBX 電話システムでは、通話は PBX(顧客の敷地内に設置された電気通信スイッチ)を介してルーティングされます。 企業は、必要なハードウェアをオンサイトで保守する義務があります。 従来の PBX は公衆交換電話網(PSTN)に接続して電話を発信します。 基本的な通話転送機能以外、ユーザーはオフィス外から PBX システムを使用することはできません。

VoIP を使用したクラウド PBX システムでは、PSTN ネットワークはインターネット接続を介して相互接続されており、通話をルーティングすることができます。 つまり、インターネット接続さえあれば、どこからでも電話機能がフルに使えるということです。

バーチャル PBX のメリット

ハードウェアのメンテナンスが不要

クラウド PBX 電話システムの場合、オンプレミスのハードウェアをメンテナンスしたり、依存する必要がありません。 つまり、機器をメンテナンスする手間が省ける上、何年間も同じ電話システムを使うことなく、最新のハードウェアを活用することができます。

柔軟で迅速なコミュニケーション

ビジネスでは、PBX システムを利用して、オフィスで、リモートで、あるいは外出先などのあらゆる場所で、顧客や同僚との柔軟なコミュニケーションを実現しています。

コストの削減

クラウド PBX 電話システムの場合、最新のデバイスを使用でき、ソフトウェア ベースなので、新しい機能をタイムリーに導入できます。

Zoom Phone Haas(Hardware as a Service)

先行投資なしで、完全な電話ソリューションを購入し、導入できます。

Zoom Phone を今日から使い始めるために、営業部へお問い合わせください!

You must agree to this policy to continue.

このフォームを送信することで、プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。