従業員による世界クラスのコラボレーション スイートへのアクセスの保護と簡素化

課題

在宅で仕事に取り組み、自分のデバイスを使ってサインオンする従業員の増加により、企業ネットワークはセキュリティ侵害リスクの上昇に直面しています。

生産性を高めるためには、ユーザーはコラボレーション ツールに自由にアクセスできる必要がありますが、企業は従業員の ID と資産を安全に保つ必要があります。

IT チームにとって、外部ユーザーのアクセスを手動で認証してプロビジョニングするのは時間がかかります。

ソリューション

Okta と Zoom を組み合わせることで、セキュリティを向上させて生産性をサポートする、安全でシンプルなログイン 体験を提供できるようになります。

シングル サインオン(SSO)は、ログインをシンプルに留め、多要素認証(MFA)は、Zoom の出席者の本人確認を行います。

アカウント管理者は、Okta の統合ポータルを使用して、Zoom 内からユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除を簡単に行えます。

統合は、既存の IT インフラストラクチャ内にすばやくインストール可能で、企業は容易に使用し、メンテナンスを行うことができます。

摩擦のないアクセスを確保するので、チームは場所と時間を問わずコラボレーションが可能

Zoom と Okta の統合により、組織全体のリモートでのコラボレーションが保護されます。 業界をリードするシングル サインオン(SSO)と多要素認証(MFA)機能により、Zoom の市場をリードする HD ビデオ カンファレンス、ウェブ カンファレンスなどのコミュニケーション ツールへのアクセスが簡素化され、ユーザーは簡単に接続できて安全にコラボレーションできるようになります。

IT チームに強力なアクセス管理制御と自動プロビジョニングを提供

SCIM 統合により、Okta と Zoom 間でユーザー情報やグループ ステータスなどの属性を自動で移動できるようになるため、IT マネージャーは Zoom で直接ユーザーを作成、非アクティブ化、更新でき、プロビジョニングとプロビジョニング解除を安心して自動化できます。 統合は、組織のインフラストラクチャにすばやく導入でき、認証済みのユーザーをプロビジョニング対象の共有コラボレーション スペースに追加します。

Okta と Zoom は連携して従業員のコラボレーションの安全性を確保

世界クラスの Zoom コラボレーションへのシームレスで安全なアクセスによりチームの生産性を維持します。

リモートでの Bring Your Own Device(BYOD)環境を安全に実現し、ID 主導型のゼロトラストのセキュリティ ポスチャをサポートします。

セキュリティと生産性の向上を目的に、IT チームのアクセス管理を簡素化します。