無料トライアルの利用規約

発効日: 2023年8月11日

この無料トライアルの利用規約(以下、本「契約」)を細部まで熟読してください。 本契約を取り交わす当事者は、お客様と Zoom Video Communications, Inc.、 およびその関連会社(「Zoom」)です。また本契約は、Zoom によりお客様が利用可能になった無料トライアル製品およびサービスへのお客様のアクセスおよび評価、ならびにお客様によるこれらの利用について規定します。 お客様は、本規約を受諾することにより、または任意のトライアル製品あるいはサービスにアクセスまたは利用することにより、本契約の諸条件に拘束されることに同意したこととなります。

お客様はお客様ご自身を代表して、または法人を代表して、本契約を締結できます。 法人を代表して本契約を締結する場合、お客様は、自らが正当な権限により本契約の諸条件で該当する法人を拘束する権限を持つ代理人であることを表明したこととなります。 本契約において、「お客様」および「お客様の」という表現はすべて、個人として、または場合により代表者が代理人を務める法人として本契約を受諾する者を指します。 本契約において、「エンドユーザー」とは、トライアル対象物にアクセスまたはそれを利用する「ホスト」または「参加者」を意味します。 お客様は、Zoom のサービス説明書の「セクション A. 定義」に記載されている、ホストまたは参加者の定義をご確認いただけます。

留意事項: 本契約には、Zoom から受けた特定の損害を回復するお客様の能力を放棄および免除する、損害賠償の免責ならびに責任の総量の制限が組み込まれています。 本契約には、以下の第 18 条(申し立ての仲裁および集団訴訟の放棄に関する合意)に定める、拘束力のある仲裁条項および集団訴訟の放棄も含まれます。 

  1. トライアル対象物、サポート。トライアル対象物には、すべてのハードウェア、ソフトウェア、製品、サービス、特徴、機能、または Zoom がほかの対象物と統合して、またはスタンドアロンで提供し、Zoom が無料トライアルの一部として指定した、そのほかのテクノロジー(それぞれ「トライアル対象物」)が含まれます。 各トライアル対象物については、お客様にトライアル対象物へのアクセス権が付与された時点で、または本契約の期間中にお客様が入手できるようにほかの方法で、Zoom がお客様に提供する文書またはそのほかの資料において、さらに詳細な補足情報を提供する場合があります。  トライアル対象物は、サービス説明書に記載されていることがあります。Zoom は本契約の期間中、お客様に通知することなくこのサービス説明書を随時更新する場合があります。 Zoom はトライアル対象物に関して、サービスレベルの契約を一切提供しません。また Zoom には、いかなるメンテナンスまたは技術サポートを提供する義務もありません。 Zoom は、通知の有無にかかわらず、いかなる義務や責任も負わずに、随時トライアル対象物の変更、放棄、または使用制限を行う権利を留保します。
  2. 利用資格、参加、共有上の制限。お客様は、セクション 5(契約期間と契約の終了、契約終了の効果)で規定されている契約期間中は常に、Zoom が定める利用資格基準を満たす必要があります。 利用資格基準には、お客様が Zoom の優良顧客であり、トライアル対象物を使用するために必要な前提条件となる Zoom サービスをすべて購入済みであることが含まれますが、これらに限定されません。 お客様が Zoom の利用資格基準を満たさなくなった場合、Zoom は直ちにお客様のトライアル対象物へのアクセス、またはその利用を打ち切ることができます。お客様は、Zoom から要求された情報を提供し、必要に応じてトライアル対象物を利用するためのアカウントを作成するものとします。 お客様は、トライアル対象物へのアクセス、利用、およびアカウント作成に関する Zoom からの指示をすべて遵守するものとします。 お客様は、Zoom から要求されたとおりに、最新の完全かつ正確な情報を提供および維持するものとします。 お客様は、トライアル対象物を使用する一環として作成または維持される、すべてのパスワードの機密性とセキュリティを維持するものとします。 お客様は、パスワードまたはアカウントの不正使用の疑いがある場合、あるいはアカウントのセキュリティ侵害の疑いがある場合は、直ちに Zoom に通知するものとします。お客様は、Zoom から事前に書面で明示的に承認を得ている場合を除き、アカウントまたはその他のいかなるユーザー権限もほかの個人と共有できません。 お客様は、ほかのいかなる個人とも、上記に関するサインイン認証情報またはパスワードを共有できません。 お客様は、かかる権限がいずれも固く共有を禁じられていることを認めます。 トライアル対象物の利用およびアクセスは、お客様個人に認められたものであり、譲渡することはできません。 お客様は、(a)雇用主との個人の雇用関係もしくはその他の関係が終了した場合(該当する場合)、または(b)Zoom が事前に明示的に書面で承認した場合を除き、アカウントまたはその他のいかなるユーザー権限も、ほかの個人に移転できません。
  3. アクセスと使用、ソフトウェア ライセンス。本契約の規約に従い、お客様は契約期間中にトライアル対象物にアクセスし、これを使用することができます。 トライアル対象物の任意の一部へのアクセスまたはその使用にあたり、お客様が Zoom のソフトウェア(以下「ソフトウェア」)のダウンロード、使用、もしくはインストールを必要とするまたは可能となる場合、Zoom は、該当する契約期間中にトライアル対象物にアクセスして内部で使用する目的に限り、互換性のあるデバイスでオブジェクト コード形式のソフトウェアを使用するための、限定的、撤回可能、非排他的、移転不可、譲渡不可、サブライセンス不可、かつロイヤリティ フリーのライセンスをお客様に付与します。 お客様は、本第 3 条(アクセスおよび使用、ソフトウェア ライセンス)に基づくお客様のトライアル対象物ならびにソフトウェアへのアクセスおよび使用は、Zoom の単独の裁量により撤回できることを認め、これに同意します。
  4. トライアル対象物の変更、一時停止、中止、アクセスと使用の終了。お客様は、トライアル対象物の形態および性質(トライアル対象物の特定の特徴または機能の削除または変更を含むが、これに限定されない)が、お客様への事前通知なく、随時変更され得ることを認め、これに同意します。 本契約に定めるいかなる規定にもかかわらず、Zoom は、Zoom の単独の裁量により、通知の有無にかかわらず、お客様またはお客様のエンドユーザー、あるいはいかなるサードパーティに対して一切の義務または責任を負うことなく、随時、お客様またはお客様のエンドユーザーによるトライアル対象物の使用を終了、制限、遮断、アクセス拒否、中止、放棄、変更または停止できます。 お客様は、お客様またはお客様のエンドユーザーが第 6 条(許容される使用方法、禁止された使用方法)に、Zoom の利用ガイドラインの違反などの形で違反した場合、トライアル対象物へのアクセスが直ちに停止、遮断、または終了される可能性があることを認めます。
  5. 契約期間と契約の終了、契約終了の効果。本契約の契約期間(以下「契約期間」)は、お客様が初めてトライアル対象物にアクセスした日、またはお客様が初めてトライアル対象物を使用した日から、(i)お客様のアクセス期限または利用期限が切れるまでまたはその他の理由でアクセスまたは利用が停止されるまで、(ii)Zoom が一般に提供する本トライアル対象物への注文書をお客様が締結するまで、または(iii)いずれかの当事者が以下に定める方法で本契約を終了するまで続きます。 Zoom は、理由の有無にかかわらず、お客様への書面通知の配送と同時に、随時、本契約を終了できます。 制限を設けるためではなく疑義を避けるために付言すると、Zoom は、お客様またはお客様のエンドユーザーが第 6 条(許容される使用方法、禁止された使用方法)または本契約のその他の重要な条件に違反した場合(これに限定しない)、理由を付して直ちに本契約を終了することができます。 お客様は理由の有無にかかわらず、30 日間以上前に Zoom への事前通知を行うことにより、随時、本契約を終了することができます。本契約が終了した場合、お客様による本トライアル対象物の使用およびアクセスは終了し、お客様およびお客様のエンドユーザーは本トライアル対象物の使用を直ちに停止するものとします。
  6. 利用規定、禁止事項。お客様は、お客様およびお客様のエンドユーザーによるトライアル対象物の使用が、zoom.us/legal に記載されている利用ガイドラインプライバシー ステートメント911 緊急通話サービスに関するお客様への通知(米国用)911 緊急通話サービスに関するお客様への通知(カナダ用)緊急通話サービスに関するお客様向けの通知(EU 用)、および政府によるリクエストのガイド(それぞれ随時、更新または変更される可能性があります)を含むがこれらに限定されない、Zoom の適用ガイド、ステートメント、通知、およびポリシーの 1 つまたは複数の対象となり得ることに同意するものとします。 お客様は、(i)トライアル対象物をリース、レンタル、または販売するために作成、使用または提供すること、トライアル対象物を複製、再販、配布、貸与、もしくはタイムシェアすること、あるいはサービス機関で利用すること、またはほかのなんらかの形でトライアル対象物の使用に対し他者に料金を請求すること、(ii)トライアル対象物の変更、カスタマイズ、逆アセンブル、逆コンパイル、二次創作物の作成、改良、または派生イノベーションの作成、リバース エンジニアを行うこと、あるいはトライアル対象物の基盤テクノロジー(ソースコード、プロセス、データセット、またはデータベース、管理ツール、開発ツール、サーバー、またはホスティング サイトなど)にアクセスしようとすること、 (iii)故意または過失により、Zoom のネットワークを悪用、妨害、または混乱させる方法でトライアル対象物を使用すること、(iv)違法行為、詐欺行為、虚偽行為、または誤解を招く活動に従事すること、または(v)他人の知的財産権またはその他の権利を侵害、流用、または違反する方法または目的で、あるいは適用法に違反する方法でトライアル対象物を利用することを、お客様が自ら行うことも、お客様のいずれかのエンドユーザーに許可することも、禁止されています。お客様は、Zoom がお客様またはお客様のエンドユーザーに対し、(i)特定の使用例および特定の業界におけるトライアル対象物の使用、および(ii)(1996 年の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律に沿って公布された法規制の規定どおりに)保護された電子健康情報、パーソナル データ、個人を特定できる情報、財務データ、教育記録、または同様の機密情報などを含むがこれらに限定されない規制データの Zoom による受領、使用、アクセス、保守、開示、保存、送信、または処理の許可または有効化を、制限または禁止する可能性があることに合意します。
  7. 無保証、保証に関する免責事項。Zoom とそのライセンサーは、商品性、特定目的への適合性、権原、非侵害、またはトライアル対象物への継続的な、中断のない、エラーのない、ウイルスのない、もしくは安全なアクセスまたは操作に関する黙示の保証を含むがこれらに限定されない、明示的、黙示的、法定的、またはその他を問わず、トライアル対象物に関するいかなる表明および保証も明示的に否認します。 適用法の問題として、Zoom がかかる保証を否認できない場合、かかる保証の範囲および期間は、法律で認められる最大限の範囲に限定されるものとします。 お客様は、本トライアル対象物が、いかなる種類の保証もなく、「現状有姿」または「現況有姿」で提供され、利用可能であることを認めます。お客様は、本トライアル対象物について、(A)開発が完了しておらず、Zoom から販売対象として商業的にリリースされていないこと、(B)完全に機能するとは限らず、バグ、エラー、設計の不具合、またはその他の問題(お客様のインフラストラクチャまたは Zoom あるいはその他の当事者が提供するサービスの動作に悪影響を与える可能性があるという問題を含む)を含んでいる可能性があること、(C)信頼性に欠ける可能性があること、(D)規制コンプライアンスの評価を受けておらず、保護された電子健康情報、個人を特定できる情報、個人情報、またはその他の、機密性が高くて取り扱いに細心の注意を要する情報の伝送、保管、作成、またはその他の処理に関する要件を満たしていない可能性があり、お客様はかかる目的でいかなるトライアル対象物をも使用してはならないこと、(E)使用すると、お客様に予期しない結果、コンテンツまたはデータの損失、またはその他の予測不可能な損傷または損失をもたらす結果となる可能性があることに、同意します。 Zoom は、トライアル対象物に関連してアクセスまたは使用される情報、コンテンツ、またはデータの正確性または完全性に関して、いかなる保証もしないことを明示的に表明します。
  8. 法律の遵守、同意。お客様は、トライアル対象物の使用、アクセス、受領に適用されるあらゆる法律を遵守するすべての責任を単独で担います。かかる責任は、エンドユーザーに適切な通知を提供することおよびエンドユーザーから適切な同意を得ることをお客様に義務付ける法律を含むがこれに限定されず、場合により Zoom もしくはお客様が承認したサードパーティ、または Zoom に対しコンテンツ(セクション 12(コンテンツ)の定義どおり)へのアクセス、処理、使用を承認する必要に迫られる可能性もあります。 お客様は、トライアル対象物へのアクセスおよびその使用を含む、本契約に基づくお客様の義務の履行に関連して、すべての地域、州、国内外の適用法規制および規則(適用される輸出入、贈収賄防止、外国の腐敗行為、知的財産、およびプライバシーに関するすべての法規制を含むがこれに限定されない)に準拠するものとします。 お客様は、本契約およびすべての適用法に準拠して、お客様のエンドユーザーによるトライアル対象物へのアクセスおよびその使用に関する一切の責任を単独で担います。
  9. 機密情報。お客様および Zoom は、本契約または任意のトライアル対象物のパフォーマンスに関連して、お客様および Zoom が互いに提供し合うすべての非公開情報、占有情報、または機密情報の機密性を維持することに同意します。 お客様と Zoom はさらに、お客様または Zoom が本契約の下で受け取る機密情報(本第 9 条(機密情報)で定義されているとおり)の開示対象を、お客様もしくは Zoom の従業員、顧問、および場合により弁護士のうち、共有される情報を厳密に知る必要があり、秘密情報の機密性とセキュリティを保護するための法的または契約上の義務によって拘束され、かつ少なくとも本契約に定める義務と同等の制限を受けている者に限定することに同意します。 「機密情報」には、あらゆる形態のビジネス情報、開発計画、製品およびサービスのロードマップの詳細、システム、戦略計画、ソースコード、サービス、製品、価格、方法、プロセス、財務データ、プログラム、企業秘密、ノウハウ、マーケティング計画など、「機密」と指定されているもの、または一般的な人が機密と認知しているあるいは通常理解すべき情報が含まれますが、これに限定されません。本第 9 条(機密情報)の制限にもかかわらず、お客様または Zoom は、法規制、または裁判所命令で義務付けられた範囲において、本契約に基づいて受領した秘密情報を開示できます。ただし、お客様または Zoom は、場合によってはまず(i)該当する法務当局がかかる通知を禁止していない限り、相手方当事者に通知すること、および(ii)かかる情報の保護命令を求めるため、またはサードパーティへの機密情報の開示を防止または制限するために、相手方当事者の合理的な要請に協力するものとします。お客様および Zoom は、本契約に基づいて受領したすべての機密情報において、(a)当該情報を受領した時点で、お客様または Zoom が当該情報をすでに正当な方法で認知しており、かつ該当する情報の機密保持義務を負っていない場合、(b)お客様、Zoom、またはサードパーティの不正行為により公知となる、または利用可能となる場合、(c)制限を受けることも本契約に違反することもなく、サードパーティから正当な方法で受領した場合、または(d)本契約に基づいて受領したいかなる非公開占有情報も使用することなく、お客様または Zoom が開発した情報である場合という条件に該当するまで、およびその範囲内に限り、当該情報の機密を厳密に保持するものとします。 お客様および Zoom はそれぞれ、お客様および Zoom が受け取る機密情報のプライバシーとセキュリティを維持するために、お客様または Zoom の同等の機密性の情報の保護対策と同等以上、かついかなる場合にも合理的な注意義務以上の手段を用いて、合理的な対策を取るものとします。お客様および Zoom は、相手方の機密情報が不正に使用または開示された場合、該当する不正使用または不正開示の影響を受ける当事者に通知し、機密情報の管理を回復し、さらなる不正使用または不正開示を防止するために協力することに同意するものとします。
  10. 所有権。お客様は、トライアル対象物、フィードバック、ならびにこれらから派生するあらゆる知的財産権およびその他の所有権(あらゆる著作権、特許、特許申請、企業秘密、ノウハウ、商標、およびその他の権限も含むがこれらに限定されない)に対するあらゆる法的権利、権原、および利益は、Zoom の所有物であることを認め、その旨に同意します(以下「所有権」)。 本契約の下で Zoom が指定された権利を行使するために必要な知的財産(またはその他の所有)権を行使またはライセンスする権利をお客様が有する限りにおいて、お客様は本記載により Zoom に対し、Zoom が Zoom のかかる権利を行使する(該当する主題の利用を含む)恒久的、撤回不能、サブライセンス可能、ロイヤリティ フリー、かつ世界的なライセンスを付与します。 本契約でお客様に明示的に付与されたライセンスおよびその他の権利を除き、本契約のいかなる条項も、直接的または黙示的に、あるいは禁反言によっても、Zoom の知的財産権(またはその他の所有権)に基づくなんらかの権限、留保または放棄をお客様に与えるものとは見なされないことをお客様は了承します。

    各トライアル対象物は、Zoom からの金銭的な報酬 / 払い戻しがないことを条件に利用可能です。 お客様は、トライアル対象物へのアクセス中または使用中、Zoom とのコミュニケーションの重要性を認めるものとします。 お客様は要請されたとおりに、合理的なフィードバックを提供するものとします。 かかるコミュニケーションの受信を拒否する場合、トライアル対象物へのアクセスおよび使用は取り消しとなる場合があります。 トライアル対象物へのアクセス中および使用中、お客様およびお客様のエンドユーザーは、トライアル対象物の使用に関するフィードバックおよび情報を提供できるものとし、お客様は、お客様またはその他の当事者がトライアル対象物に関連して提供する(新しい特徴または機能を含むがこれらに限定されない)提案、アイデア、ノウハウ、概念、強化、フィードバック、推奨またはその他の情報(総称して「フィードバック」)のすべての権利、権原および利益を Zoom が所有および保持することを認めます。 Zoom またはそのライセンサーは、トライアル対象物およびそのフィードバックに関するあらゆる著作権、特許、企業秘密、商標、商号、その他すべての知的財産権を含むすべての所有権を有し、保持するものとします。 お客様は本記載により、トライアル対象物またはトライアル対象物の基盤テクノロジーに関連するすべてのフィードバックに対するすべての権利、権原および利益を Zoom に譲渡し、Zoom はお客様への帰属表示または対価なしに、これらを自由に使用できるものとします。 すべてのフィードバックは、Zoom がその単独の裁量により、特定のフィードバックを機密情報から外すことを選択するまで、機密情報として取り扱われるものとします。

  11. Zoom Phone サービス、緊急通話サービス、料金。トライアル対象物に電話、VoIP、その他の電話関連サービスが含まれる場合、お客様は、トライアル対象物へのアクセスおよびその使用に当たって使用される音声およびデータ伝送について、電話会社、携帯電話事業者、ならびにその他の音声およびデータ伝送プロバイダー、または同様の通信会社もしくはプロバイダーが課す料金および手数料をすべて負担する責任を負います。 トライアル対象物で Zoom Phone サービスを利用する必要があっても、該当するトライアル対象物は、トライアル対象物の一部または全部で、緊急サービス接続を意図していない、または提供していない場合があります。そのためお客様は、別のサービスを通じて緊急サービスのアクセスを提供または継続すること、エンドユーザーにトライアル対象物では緊急通話を利用できない旨を知らせること、ならびに代替アクセス方式を使用することを知らせることに同意します。 法律で認められる最大限の範囲において、Zoom はトライアル対象物に適用される緊急通話サービスに関するいかなる責任も明示的に否認します。
  12. コンテンツ。お客様またはお客様のエンドユーザーは、トライアル対象物の使用中にデータ、コンテンツ、またはその他の素材(総称して「コンテンツ」)を提供、アップロード、または作成可能で、Zoom はお客様の指示、またはトライアル対象物の性質に基づき、これらの素材のインポート、アクセス、使用、保管、伝送、レビュー、抽出、または処理を実行できます。 コンテンツには、お客様またはお客様のエンドユーザーが提供したデータ、コンテンツ、その他の素材またはソースから生じた、Zoom が作成、提供、または利用可能にした派生物、分析結果、制作物、視覚テキスト、翻訳、ディスプレイ、またはデータセットも含まれますが、お客様は、Zoom が作成、提供、または利用可能にしたコンテンツが、お客様に対する Zoom の知的財産権の譲渡、移転、割り当て、その他のいかなる所有権を移転することにはならず、Zoom が第 10 条(知的財産権)に規定するすべての知的財産権を留保していることを、明確に認めるものとします。 お客様は次の理由による Zoom のコンテンツ使用に同意するものとします(「許可対象の使用」)。(i)本契約に対する一貫性と Zoom の義務の履行およびトライアル対象物の提供に関する必要性(ii)Zoom プライバシー ステートメントの遵守(iii)お客様による認可 / 指示(iv)法律上の必要性(v)Zoom 利用ガイドラインの適用など、法律上、安全上、セキュリティ上の目的。 お客様は、許可対象の使用に必要な恒久的、グローバル、非排他的、ロイヤリティ フリーかつサブライセンスおよび譲渡が可能なライセンスおよびその他の権限を Zoom に付与するものとします。 さらにお客様は、Zoom がお客様およびお客様のエンドユーザーによるトライアル対象物の使用に関連して収集または生成する、遠隔測定データ、製品使用データ、診断データ、および類似のデータに関するあらゆる権利、肩書、権原を所有することに同意するものとします。 Zoom は、トライアル対象物の提供に関するコンサルタント、契約業者、サービス プロバイダー、サブプロセッサ、および Zoom が承認したその他のサードパーティと連携できるものとします。

    お客様にはコンテンツが他社の権利を侵害しているという申し立ても含め、なんらかのコンテンツに関連するすべての申し立ての責任があります。 Zoom は、トライアル対象物またはそのシステムから、Zoom の判断に従い、Zoom にリスクをもたらしかねないコンテンツを削除する権限を留保します。 お客様は、トライアル対象物の使用を通じて維持または伝送されるコンテンツおよびその他のコミュニケーションで、削除または保管ミスが生じても、Zoom には何ら責任がないことに同意します。 お客様は、コンテンツのセキュリティ保護とバックアップに関するすべての責任を単独で担っています。 お客様は、トライアル対象物に関して可能な限り「ダミーデータ」を使用するものとします。

    お客様は、トライアル対象物の使用を通じて任意のコンテンツを利用可能にする前に、トライアル対象物のアクセスおよび使用に関して、Zoom、その従業員、コンサルタント、サブプロセッサ、およびその他の認定サードパーティとの、かかるコンテンツの共有を含むがこれに限定されない、コンテンツに関するすべての必要な同意を取得したことを表明し保証します。 お客様は、Zoom がトライアル対象物に関連してお客様が使用できるカスタマイズ可能なサンプル通知を提供する場合があること、ただし、適用されるプライバシー要件およびデータ セキュリティ要件(本契約の規定および適用法の要求に従い、お客様、Zoom、およびその他の者によるコンテンツの収集および使用について、ミーティング参加者全員およびチャット参加者を含むがこれに限定されない、お客様のトライアル対象物のエンドユーザーに十分な通知を行うことを含むがこれに限定されない)へのコンプライアンスを保証する最終責任は、お客様が負うことを認めます。

    また Zoom は、法的義務に迫られた場合、または法的手続きや要求に従うため、本契約を執行するため、詐欺、セキュリティもしくは技術的問題を検出または防止するため、あるいは Zoom、Zoom のエンドユーザー、顧客、公共の権利、財産、安全を守るために必要だと合理的かつ誠実に判断した場合には、アカウント情報とコンテンツへのアクセス、その使用、保存、開示を実行できます。

  13. 一般提供、詳細なロードマップ。Zoom は、その単独の裁量により随時、任意のトライアル対象物の一般提供を選択し、該当するトライアル対象物を削除することができます。 Zoom は、トライアル対象物がなんらかの潜在的適用法(規制を含む)に準拠するとは表明しません。 お客様は、(i)一般提供時に追加の法規制がトライアル対象物に適用される場合があること、(ii)引き続き使用するには追加の契約条件を受諾する必要があること、トライアル対象物の一般提供バージョンへのアクセスは有料となること、またはその両方を要求される場合があることを認めます。 お客様は、アクセスおよび使用が自発的であること、トライアル対象物の進歩において Zoom を支援してメリットを提供することのみを目的としていることを認めます。 お客様は(a)トライアル対象物がいつか発表されること、または一般提供されること、または別途誰かが利用できる状態になることを、Zoom が何も表明、約束、保証していないこと、(b)Zoom はお客様に対し、明示的または黙示的の別を問わず、トライアル対象物の一般提供またはその他の方法での提供に関して何も義務がないことを認めます。当事者が提供する将来の計画またはロードマップの情報は、製品の一般的な方向性の概要を示すことのみを目的としており、購入の決定を下す際に根拠とするべきものではありません。また、素材、コード、機能を提供する約束や法的義務を示すものでもありません。 将来の計画またはロードマップの情報は、情報提供のみを目的としており、いかなる契約にも組み込むことはできません。 機能の開発、リリース、時期など、プロダクトの計画に関する将来的な展望、将来の発売日はすべて暫定的なものであり、予告なく変更されることがあります。 お客様は、トライアル対象物が重要な非公開情報である可能性または重要な非公開情報を含む可能性を認めます。したがって、お客様が Zoom の重要な非公開情報を知っている、または所有している範囲で、Zoom の株式に関するいかなる売却の申し出、売却、またはその他の取引も行わないものとします。
  14. 補償。お客様は、Zoom とその関連会社、ライセンサー、サプライヤー(以下「補償当事者」)および各補償当事者の取締役、役員、メンバー、従業員、相談役、代表者、およびエージェントを、お客様またはお客様のエンドユーザーの以下の行為に起因する、またはこれらに関連する、いかなるサードパーティの申し立て、訴訟、請求または要求および関連する負債、コスト、損害および費用(弁護士費用、鑑定費用、裁判費用など)(総称して「申し立て」)の責任から保護し、免責します。(a)当事者間の紛争、(b)本契約の違反、(c)他者の知的財産の侵害または違反、(d)なんらかの法の違反、または(e)結果として人身傷害または物的損傷を引き起こす行為または不履行。
  15. 賠償責任の制限。

    本セクションはお客様に対する Zoom の賠償責任の制限を規定しているため、注意深くお読みください。

    Zoom またはその関連会社は、いかなる場合であろうと、お客様またはその他の当事者に対し、不法行為(過失を含む)、契約違反、保証、またはその他の形の行動の結果であっても、また直接的損害、間接的損害、特別な損害、偶発的損害、結果的損害、または懲罰的損害賠償を含むがこれらに限定されることなく、またお客様が Zoom に該当する損傷の可能性について助言していた場合であっても、本契約に起因または関連して発生するいかなる種類の損傷についても、一切責任を負いません。 両当事者は、本契約では前述の責任の制限が決してなくならないこと、またたとえなんらかの救済措置の本質的目的が履行されなくなったとしても、これらの制限は必ず適用されることに同意するものとします。 一部の州および法域では、責任の排除または制限が認められていないために、お客様に上述の制限が適用されない場合もあります。

  16. 国際的な使用、輸出管理、制裁。お客様は、トライアル対象物またはその一部が米国輸出規制規則 15 項の対象であることを認めます。 Part 730~774 の対象となっており、さらにその他の適用可能な国の輸出管理および貿易制裁法(以下「輸出管理および制裁法」)の対象にもなっている可能性があります。 適用可能な輸出管理または貿易制裁の法律または法令に反して、トライアル対象物の一部または関連する技術情報もしくは技術資料を直接的または間接的に、アクセス、使用、輸出、再輸出、転用、移転、開示することは、お客様が自ら行うことも、お客様がお客様のトライアル対象物のエンドユーザーに許可することも、できないものとします。

    お客様は、(i)お客様およびお客様のエンドユーザーが、(a)米国の貿易制裁またはその他の重大な貿易制限の対象となる国または地域(キューバ、イラン、北朝鮮、シリア、ウクライナのクリミア、ドネツクおよびルハンスク地方を含むがこれらに限定されない)の市民ではなく、その国または地域内に所在していないこと、およびお客様とお客様のエンドユーザーが、かかる国または地域においても、かかる国または地域に対しても、トライアル対象物へのアクセス、トライアル対象物の使用もしくは輸出、再輸出、ダイバージョン、転送を行わないこと、(b)米国財務省の特別指定国民および凍結者リストまたは制裁回避者リストに記載されている個人でないこと、または本リスト記載者により単独あるいは合計で 50% 以上所有されていないこと、および(c)米国商務省の輸出権限剥奪者リスト、エンティティ リスト、未検証リスト、または米国国務省の核拡散関連リストに含まれていないこと、(ii)中国、ロシア、またはベネズエラに居住するお客様およびお客様のエンドユーザーが、軍のエンドユーザーではなく、米国輸出規制 15 C.F.R. 744.21 が定める軍のエンドユーザーに Zoom のトライアル対象物を利用しないことを、表明し、保証します。 お客様は、単独で輸出管理および制裁法を遵守し、当該法律の変更を監視する責任があります。

  17. 商業契約、データ処理の補遺、米国プライバシー法。両当事者は、お客様が Zoom と交わしている可能性がある Zoom サービスに関するマスター サブスクリプション契約、利用規約、およびその他のいかなる契約(それぞれ「商業契約」)と本契約が別個かつ互いに明確に分離されたものとなること、ならびに本契約はお客様と Zoom のいかなる商業契約の部分にもならず、お客様と Zoom のいかなる商業契約も変更、上書き、もしくは補正しないことを意図しています。 お客様は本契約の諸条件が、お客様のトライアル対象物の使用およびアクセスを制御および管理するもので、いかなる商業契約および商業契約に組み込まれている可能性があるトライアル対象物の諸条件ではないことを認めます。上記にかかわらず、お客様がビジネス、エンタープライズ、教育機関向けのいずれかのアカウントのアカウント オーナーでトライアル対象物を利用する際、データ処理契約に従って Zoom がお客様のエンドユーザーの個人データを処理する必要が出た場合、お客様は Zoom が、お客様の商業契約の補遺として、または関連する別の契約として、お客様と Zoom との間で交わしたグローバル データ処理補遺(以下、「DPA」)の規定に従って本契約で定める個人データを処理すること、またかかる DPA はかかる目的でのみ本契約に組み込まれてその一部を成すことを認め、これに同意します。お客様が、(i)「事業者」であり、当社がお客様に代わって「個人情報」(これらの用語は、2018 年カリフォルニア州消費者プライバシー法によって定義され、2020 年カリフォルニア州プライバシー権法によって改正された定義に沿って解釈)を処理する場合、(ii)「管理者」であり、Zoom がお客様に代わって「パーソナル データ」(これらの用語は、ほかの該当する米国州のデータ プライバシー法の定義に沿って解釈)を処理する場合、または(iii)お客様が(i)と(ii)の両方の基準に当てはまる場合は、本記載により、参照を通じて Zoom の US 州法プライバシー補遺が組み込まれ、お客様の「個人情報」および「パーソナル データ」に対する当社の「処理」に適用されます(これらの用語は、前述の法による定義に沿って解釈)。
  18. 仲裁請求と集団訴訟の権利放棄への同意。お客様は Zoom との紛争を米国仲裁協会(「AAA」)の拘束力ある仲裁によって解決することに同意します。 仲裁とは、裁判官または陪審員団ではなく仲裁人が紛争を裁定することを意味します。 なお本契約によりお客様は、Zoom を相手取ったいかなる種類の集団訴訟、共同訴訟、もしくは団体訴訟、私選弁護人による一般訴訟、またはその他の訴訟手続きの提起もしくは参加はできません。
    1. 対象の紛争。 お客様は、本契約の主題に関連するソフトウェア、ハードウェア、広告またはマーケティング コミュニケーションを含むトライアル対象物に関連して、お客様と Zoom の間で発生するすべての紛争または申し立ては、法廷ではなく拘束力のある仲裁によって解決することに同意します。
    2. 仲裁の例外。 本契約では、次の種類の訴訟に関しては仲裁を義務付けません。(1)お客様または Zoom が提起した少額訴訟で、裁判所の要件を満たし、個人間に限られる申し立て、(2)商標、トレードドレス、企業秘密、著作権、および特許を含む知的財産権またはドメイン名に関する申し立て。
    3. 仲裁手続き 個人のお客様が、トライアル対象物を個人的用途または家庭内用途に使用しており、AAA の消費者仲裁規則が該当する場合を除き、AAA は同協会の商事仲裁規則に則ってすべての仲裁を行います。 詳細は adr.org をご覧ください。 AAA の適用可能な規則と本契約の諸条件の間で食い違いが生じた場合、紛争の解決に必要な範囲では、本契約の条件が優先されます。 AAA が仲裁しない場合、両当事者は代替の仲裁法廷を選択するものとし、両者が同意できない場合は、9 U.S.C. § 5 に従って仲裁者を指名するよう裁判所に依頼するものとします。 仲裁審理は、(i)お客様の居住地またはトライアル対象物の使用地、(ii)カリフォルニア州サンノゼ市、または(iii)お客様と Zoom が書面で同意した別の場所の、いずれかで行います。 一人の仲裁人が任命されます。 仲裁人は、損害賠償、宣言的または差し止めによる救済、および費用(正当な弁護士費用を含む)を裁定するものとします。 仲裁判断は、管轄権のある裁判所で(判決等を介して)執行されるものとします。 AAA 規則に基づき、仲裁人は申し立ての仲裁を含め、自分の管轄権を決定します。ただし裁判所は、集団ベースまたは代理権として仲裁の禁止を執行する独占的な権限を有します。
    4. 仲裁料。 申立手数料、事務手数料、仲裁手数料を支払うお客様の責任は、AAA の規則でのみ規定されるものとします。 お客様の月間総収益が、連邦の貧困ガイドラインの 300% を下回る場合、お客様には仲裁申請料と費用の免除を受ける資格があります。 お客様が AAA の料金を支払うことができず、AAA がお客様の料金免除申請を却下した場合、Zoom がお客様に代わってこれらの費用を支払います。
    5. 1 年以内の申し立ての要件。 ほかのいかなる出訴期限法にもかかわらず、第 18 条(b)(仲裁の例外)の対象となる申し立てまたは訴因を除き、本契約に基づく申し立てまたは紛争はすべて、該当する申し立てまたは訴因が生じてから 1 年以内に提起する必要があり、この期限を過ぎた場合、以後の出訴は永久に禁じられるものとします。
    6. 集団訴訟の権利放棄の分離可能性。 集団訴訟の権利放棄が紛争の全部または一部に関して違法または執行不可能であると判明した場合、当該部分については仲裁されませんが、仲裁により残りの部分が解決され、裁判所で解決されます。
  19. 雑則。
    1. 通知。 Zoom からの通知は(i)お客様のアカウント情報に登録されているお客様のメールアドレス宛ての電子メール、(ii)書面での通信文は国内で定評のある翌日配送サービスを利用した手紙、(iii)お客様のアカウント情報に登録されているお客様の住所に宛てた発払いの有料普通郵便のいずれかで送ることができます。 お客様は Zoom 宛ての通知(Zoom が受領した時点で送達されたと見なす)を、国内で定評のある翌日配送サービスまたは普通郵便を使用し、相応の郵送料金を事前に支払った手紙を Zoom 宛て(55 Almaden Blvd, San Jose, CA, 95113, Suite 600, USA、Legal(法務部門)気付)に発送するとともに、その写しをメールで legal@zoom.us「Legal」(法務部門)宛てに送信しなければなりません
    2. 代理関係の否定。 本契約により、代理関係に関する連邦または州のコモンローに準拠した明示的または黙示的な代理関係を確立する意図は、両当事者ともありません。 いずれの当事者も、本契約の下で独立した契約者となることを意図しており、代理関係の確立は意図していません。
    3. サードパーティの権限または救済策の否定。 本契約は Zoom およびお客様以外の何者かに強制力のある権利または救済を付与するものではなく、また付与を意図するものでもありません。
    4. 譲渡、継承人および譲受。 お客様は、Zoom から書面で明示的な同意を得ていない限り、本契約に基づくお客様の権限を譲渡することも、お客様のいかなる義務を移転することもできません。なお、このような同意は、Zoom の単独の裁量によって付与または撤回できます。 Zoom はお客様に事前に通知しなくとも随時、本契約に基づく Zoom の権限を譲渡すること、または Zoom の義務のいずれかの一部もしくは全部を移転することができます。 本条項に違反する譲渡または移転はすべて無効とします。 本契約は、両当事者およびそれぞれの許可を受けた継承者および譲受人を拘束し、その利益のために効力を生じます。
    5. 本契約の変更、追加規定。 Zoom は随時、本契約の規定を変更する権限を留保し、重大な変更があった場合は、お客様に通知するために商業的に合理的な努力を払うものとします。 トライアル対象物を使用する際は、お客様に、またはお客様、お客様の管理者、またはその他のアカウント オーナーに随時、変更後の新規または追加の利用規定を受諾いただく必要が生じる可能性があります。 本契約の終了通知を発行せずにトライアル対象物のアクセスおよび使用を継続すると、法により明示的に禁止されていない限り、お客様がその行動を通じて、変更後の新規または追加の規定を受諾し、これに拘束されることを受諾したと見なされることに、同意したことになります。
    6. 合併、競合。 両当事者は、本契約が両当事者の最終的な合意を形成すること、および本契約が本契約に含まれる主題に関する両当事者の完全かつ排他的な表示であることを意図しています。 本契約の主題に関する当事者間の過去または同時期のすべての文書、交渉および協議は、明示的に本契約に統合され、本契約で上書きされるものとします。 本契約を締結するに当たり、いずれの当事者も、本契約に明示的に含まれる範囲を除き、相手方当事者のいかなる陳述、表明、保証または合意にも依拠していません。 本契約の主題に関して、当事者間のなんらかのほかの合意と本契約との間に齟齬がある場合は、本契約の条件が優先されます。 この先、ほかのなんらかの注文書、印刷済みのフォームまたはドキュメントに記載されるテキストまたは情報は、本契約の条件を追加または変更しないものとします。
    7. 分離可能性。 本契約のいずれかの条項が無効、違法、または執行不能と判断された場合、両当事者は、かかる判断によって本契約の残りの条項の有効性、適法性、および強制力がなんらかの形で影響されること、または損なわれることを意図しません。
    8. 存続。 本契約の性質上、終了後も存続すべきすべての条項は、終了後も存続するものとします。その中には、機密情報、あらゆる支払い義務、保証の免責、補償、仲裁、および賠償責任の制限についての条項が含まれますが、これらに限定されません。
    9. 準拠法、管轄選択。 本契約に起因または関連するすべての事項については、抵触法の原則にかかわらず、米国カリフォルニア州法に準拠します。ただし仲裁に関する事項では、連邦仲裁法に準拠します。 第 18 条(申し立ての仲裁および集団訴訟放棄に関する同意)で別途規定されている場合を除き、両当事者は、カリフォルニア州サンタクララ郡に位置して同郡にサービスを提供する州裁判所、およびカリフォルニア州北部地区の連邦裁判所の専属的管轄権に同意します。 上記にかかわらず、両当事者は、本条項が、本契約のいずれかの当事者に譲渡された著作権、特許、企業秘密、商標またはその他の知的財産権の有効性または執行可能性について、いずれかの当事者が特許商標審判委員会、米国特許商標庁、米国著作権局、外国の特許、著作権または商標担当庁またはその他のかかる外国もしくは国内の行政もしくは規制機関においていかなる法的、行政または規制上の手続き(無効化手続きを含む)も開始することを妨げないことに合意します。
    10. 曖昧性と見出し。 両当事者は、本契約になんらかの曖昧性が含まれていた場合、その曖昧性は両当事者の意図に可能な限り近づけて解決し、解釈するものと意図しています。 本契約に記載される表題および見出しは単なる参照用であり、本契約の解釈時に考慮されることを意図したものではありません。