Customer Stories

Financial Services

プロビデント ヘルスケア パートナーズ

プロビデント ヘルスケア パートナーズは Zoom Phone を通じて柔軟性とより良いクライアント サービスを実現

プロビデント ヘルスケア パートナーズが、Zoom プラットフォームを通じて、比類のないコスト削減、柔軟性、IT 摩擦の軽減が実現できることを見出した方法とは。

「私が話をした Zoom のスタッフは皆、知識が非常に豊富でした。 オンボーディング プロセスは信じられないほど簡単でした。Zoom Phone はすぐにプラグインする準備ができていることを、担当者に 10 回は言わせたと思います。

ヨハンナ エンライト氏

プロビデント ヘルスケア パートナーズ、経営企画

「私が話をした Zoom のスタッフは皆、知識が非常に豊富でした。 オンボーディング プロセスは信じられないほど簡単でした。Zoom Phone はすぐにプラグインする準備ができていることを、担当者に 10 回は言わせたと思います。

ヨハンナ エンライト氏

プロビデント ヘルスケア パートナーズ、経営企画

ボストンに本拠を置くプロビデント ヘルスケア パートナーズは、ミドル マーケットおよび新興成長企業向けの M&A アドバイザリー、戦略的計画、資本形成サービスを専門とする医療機関向けの投資銀行です。 同社は、ヘルスケア サービス業界の成熟分野と成長分野の両方で豊富な経験を持っています。  

以前は、対面でのクライアント ミーティングのために頻繁に出張したり、オフィスのデスクで通話することがありましたが、新型コロナウイルスのパンデミックに見舞われると、プロビデントではビジネス継続性を維持するために Zoom を活用する必要が生じました。 Zoom を使い始めたところ、比類のないコスト削減や、柔軟性、IT 摩擦の軽減を実現できることにすぐに気付きました。  

プロビデント ヘルスケア パートナーズの経営企画担当であるヨハンナ エンライト氏は、Zoom プラットフォームを導入した経験や、特に Zoom Phone でビジネスのやり方がどのように変わったかを話してくださいました。 

驚きました! オンボーディングは簡単です

エンライト氏はプロビデントに勤めて 10 年以上になります。受付係として入社後、事業開発や IT のサポートなど、様々な職務をこなしています。 同氏は在任中に 3 つの異なる(時には骨の折れる)電話システムの移行を監督しました。 

「サポートに電話をかけるのにうんざりしていたので、最後の電話システムは自分で学ばなければなりませんでした」と彼女は説明します。 「Mitel を使用していましたが、まったく満足していませんでした。」そのため、ある従業員から Zoom を紹介されると、エンライト氏はこのテクノロジーを試してみたいと思いました。 

「パンデミックに見舞われる直前、従業員の一人から Zoom に切り替えられないかと尋ねられました。 その時には皆、Zoom を使用していて、直接的に出席することは一切ありませんでしたから、会社全体でライセンスを取得することは理にかなっていると思いました。」 

65 件の電話のライセンスを取得した後、エンライト氏は再び過酷な実装プロセスを行う準備を整えていましたが、ほとんど何も行う必要がないことに驚きました。

「私が話をした Zoom のスタッフは皆、知識が非常に豊富でした。」とエンライト氏は振り返ります。 「オンボーディング プロセスは信じられないほど簡単でした。そうとは知らず、Zoom Phone はすぐにプラグインする準備ができていることを、担当者に 10 回は言わせたと思います。 電話の電源を入れなければならないと思ったので [the customer success manager] に 65 台の電話をすべて送らせましたが、その必要はありませんでした。」

「本当に素晴らしいオンボーディング プロセスでした。
ping やメールを送信すれば、いつでも、どんな質問にも答えてくれるでしょう」とエンライト氏は付け加えます。

電話通信により仕事の柔軟性をパワーアップ

プロビデントのチームは、ソフトフォンとハードフォンの両方を使用することで、従業員にとって柔軟な職場環境を簡単に実現できることを発見しました。 「Wi-Fi 電話ならどこでも使用でき、直感的に操作できます」とエンライト氏は言います。 

Zoom Phone の相互運用性は、会社全体の柔軟性を高め、新しいハイブリッド作業モデルへの信頼感を高めます。 また、エンライト氏はこうも言っています。「固定電話から携帯電話に移動できる機能は、私の上司にとって重要なポイントでした。 このような機能はこれまでありませんでしたから。 電話を逃すのが怖いからといって 1 日 9 時間デスクで待機して、用事をこなせないのは、今や過去のことになりました。」

チームは Zoom Phone の SMS 機能を使用して、見込み客のアウトリーチと従業員のプライバシーの両方を同時に強化しています。 エンライト氏は言います。「テキスト メッセージ機能が本当に良いですね。従業員 [employees] が見込み客に自分の個人的な携帯電話番号を渡すことなくテキストを送ることができます。」 

プロビデントでは Zoom Phone を導入したことで、コスト削減が容易になりました。 「[Zoom Phone] によって当社の電話システム料金は大幅に削減されました。 私のことも引き立ててくれたので、とても感謝しています。」とエンライト氏は振り返りました。 「間違いなく、とても有益なシステムです。」

クライアント サービスのアップグレード

Zoom 経由でのクライアント サービスでは、デジタル形式の方が、多忙な医師により合っていることに気付きました。 「多くのクライアントは一日中働いているので、夜、業務終了後に多くの株主に会う必要があります。 これは通常、家族がいる人にとってはかなり難しいことです。」

「現在、このような株主とのミーティングの大部分はバーチャルで開催されています。 医師は家族と一緒に家にいることができ、人々は出張したり夜遅くまで業務したりしなくて良くなります」とエンライト氏は説明しました。 

Zoom はまた、プロビデントの従業員が移動や対面でのミーティングの時間を取れない場合にも、クライアントとの緊密な関係を維持するうえで役立ちました。 「ビデオ機能があることで、ビジネスに本当の親しみやすさが加わります。これは誰にとって有益です。 出張は私たちのビジネスの大部分を占めていましたが、今は解放されました」とエンライト氏は述べています。

従業員(およびアカウント管理者)の体験の向上 

プロビデント ヘルスケア パートナーズでは、新しいハイブリッド ワーク モデルを進める中で、従業員体験が会社の意思決定の指針となっています。 「マサチューセッツ州地域に住んでいない従業員がたくさんいますが、今では家にいても、オフィスにいるような気分で仕事をすることができています」とエンライト氏は言います。 「オフィスで会える時には最高の気分になりますよ!」

チームは分散していますが、プロビデントの従業員は、新しいビデオ オン文化のおかげもあって、つながりが薄れているとは感じられません。 「以前はビデオはありませんでしたが、今ではスタッフ会議に飛び入り参加するだけでお互いに会うことができます。 これは、いかなるコスト削減よりも重要なことです」とエンライト氏は述べています。

Zoom MeetingsZoom Phone 以外にも、プロビデントの従業員は Zoom Chat をコラボレーションや情報共有のツールとして採用しています。 「従業員 [Workers] はチャット内を検索し、ファイルを見つけることができる機能を大変気に入っていて、 『チャットでファイルを送信できるのに、わざわざメールで送信する必要があるかい?』と言っています。みんな Slack を使うのをすっかりやめてしまいました」とエンライト氏は指摘します。

Zoom のユニファイド コミュニケーション プラットフォームにより、プロビデントの従業員は、日々の業務において俊敏性と効率性を維持するために必要な直感的な体験を得ることができます。 「すべてが 1 つのプラットフォームにまとまっているのは素晴らしいことです。このことはいくら強調してもしきれません。 移行は、従業員にとって流れるような作業であり、簡単なことでした」とエンライト氏は言います。 また、管理サポートと IT サポートの両方としての同氏の経験もより良いものになりました。 

「Zoom を使用して会議をスケジュールして作成すると、それが [Microsoft] Outlook に統合されるという事実は、管理者側の私にとって非常に大きなセールス ポイントでした」とエンライト氏は述べています。 さらに、従業員が Zoom クライアントを介してお互いの状態とオンライン プレゼンス状態を確認できるため、冗長な管理作業は過去のものになりました。 「従業員は、誰が電話をかけているのか、誰と話すことが出来るのかを確認するために、私に頼る必要はありません。 問題やユーザー エラーに関する電話も、ますます少なくなっています。 今では誰もが Zoom を使っているので、簡単です。」

Zoom エバンジェリストになる

プロビデントでの Zoom Phone の経験が非常に良かったため、エンライト氏は他の人にもこの技術を紹介するなど、波及効果が生じています。 「上司は車体修理工場も所有しているのですが、私はその会社でも Zoom Phone [to Zoom Phone] への移行をサポートしています。」 

「他の人にもコスト節約できることを伝えられてうれしかったです。 車体修理工場はたった 2 人で経営しているので、一日中電話に出ている暇はありません」とエンライト氏は言います。 同氏は、修理工場でも外出先でも、選択した任意のデバイスから電話に出る方法も教えました。 

彼女の伝道活動はそれだけにとどまりません。エンライト氏は自身の妹にも会社で Zoom を使用してはどうかと打診したり、プラットフォームの使い方をプロビデントのクライアントにコーチングしたりしています。 「今は誰もが Zoom を使用しているので、クライアントのトラブルシューティングもできますよ。」

エンライト氏は、これはプロビデントと Zoom との関係の始まりにすぎないと感じています。 「このプラットフォームを大いに活用してどのような事ができるのか、どうすればもっと進化できるのか楽しみでなりません。 すでに私たちの成長を大いに後押ししてくれているのですから。」

金融サービス組織が Zoom をどのように使用しているかについて、詳しくはこちらの ウェブページをご覧ください。

Zoom で何ができるか探る

Zoom はお客様からインスピレーションを得ています!Zoom のプラットフォームを使用して、組織がどのようにつながり、コミュニケーションをとり、コラボレーションしているのかご覧ください

金融機関のセキュリティ要件を満たす Zoom Phone にリプレイス。機器保守管理の軽減とともに、ハイブリッドな働き方を推進

ケーススタディを読む

すべてのコミュニケーションを Zoom ソリューションに集約しプロジェクト進捗管理を円滑化

ケーススタディを読む

拠点全てを接続できるコミュニケーション基盤として採用されたZoom

ケーススタディを読む

BPAY Group 社は、Zoom のユニファイド コミュニケーション プラットフォームを使って、ハイブリッド ワーカーのコミュニケーションとコラボレーションの合理化を実現しました。

ケーススタディを読む

ブリッジウォーター アソシエイツは、屋外に構築した Zoom Rooms を使用して、どのようにしてパンデミック中に効率よくコラボレーションできたのか共有しています。

ケーススタディを読む

Zoom プラットフォームを採用することで、The Motley Fool はユーザーが使いやすい環境を作成し、サポート チケットを削減し、コラボレーションを強化することができました。

ケーススタディを読む

Complyport は Zoom Webinars を新たに導入して、見込み客にリーチし、ニッチ産業における専門知識を実証しています。

ケーススタディを読む

Zoom のビデオ ソリューションは、シンガポールを拠点とするGIC の主要な基準となる「標準化、簡素化、複数デバイスのサポート」を満たしていました。

ケーススタディを読む