Customer Stories

Healthcare

Moffitt Cancer Center

Moffitt Cancer Center における患者のケアと従業員の能力開発体験を改善するための Zoom 活用方法

Moffitt Cancer Center は、Zoom を使って、複数のロケーション間のギャップを埋める、総体的で一元的なコミュニケーション体験を生み出しました。

「Zoom の導入は非常に簡単でした。 小会議室や中会議室であれば、自分たちで導入できます。 文字通り 30 分しかかかりません」

Frankie Del Rosario 氏

ユニファイド コミュニケーション担当スーパーバイザー

「Zoom の導入は非常に簡単でした。 小会議室や中会議室であれば、自分たちで導入できます。 文字通り 30 分しかかかりません」

Frankie Del Rosario 氏

ユニファイド コミュニケーション担当スーパーバイザー

「Moffitt の使命は、がんの予防と治療に寄与することです」と言うのは、Moffitt Cancer Center の技術・事業管理担当シニア ディレクター、John McFarland 氏です。 フロリダ州タンパに拠点を置くこの組織は、医学および研究チームで有名ですが、その技術と IT チームもまた Moffitt の使命において重要なロールを果たしています。

技術とケアの進歩に伴い、医師、看護師、専門家、研究室、患者のケアに関わる他の多くの人々が効果的にコミュニケーションとコラボレーションを行うことが重要になっています。 McFarland 氏の説明によると、その結果、Moffitt は多くのコミュニケーション ソリューションを評価し、組織全体でモバイルに対応したビデオ ファーストの文化を積極的に模索することになりました。

「複数の人が複数の異なるソリューションを使用して、まったく同じことを行おうとしていました」と同氏は述べました。 「そこで、エンドユーザー デバイス、モバイル技術、カンファレンス ルームの橋渡しをし、弊社のコミュニティに対して一貫したエクペリエンスをもたらす、一元化された統合プラットフォームを探すことにしたのです」

コミュニケーション ソリューションの統合

複数の異なるポイントからなるソリューションを単一のプラットフォームに置き換えて、複数の場所間のコミュニケーション ギャップを埋めることが最優先事項でした。Moffitt は、相当数のポイント ソリューションを取り除き、Zoom を使用して HIPAA 準拠を実現しました。

「私たちにとって、HIPAA への準拠は、あらゆるコミュニケーション プラットフォームにおいて重要な要素です」と McFarland 氏は述べます。

Moffitt は、わずか 2 週間で Moffitt 全体の 6,000 人に Zoom を展開し、Zoom プラットフォームの大部分(Zoom Meetings および Zoom ChatZoom Video WebinarsZoom Rooms)を活用しています。 McFarland 氏のチームは、組織全体に Zoom Rooms を展開している最中だそうです。

「カンファレンス ルームの従来のハードウェアをすべて Zoom 対応ハードウェアに移行しています」と同氏は述べます。「そして、サポートするプラットフォームは 1 つのみになりました」

「Zoom の導入は非常に簡単でした」と言うのは、Moffitt のユニファイド コミュニケーション担当スーパーバイザーを務める Frankie Del Rosario 氏です。そして、これは Zoom Rooms にも及びます。 「小会議室や中会議室であれば、自分たちで導入できます。 文字通り 30 分しかかかりません」

Zoom が提供するシームレスなユーザー体験に加えて、Zoom が病理学チームと手術チームとのコミュニケーションを強化する点が気に入っていると言うのは、Moffitt のユニファイド コミュニケーション担当マネージャーを務める Doug Blankenship 氏です。

「患者さんの手術中に、チーム同士がリアルタイムでコラボレーションを行うことができます」と同氏は述べました。 「Zoom は、患者さんが麻酔下にある時間を短縮し、病理学チームと手術チームとのより良いコミュニケーション手段を提供してくれています」

従業員の能力開発における Zoom のロール

Zoom は、Moffitt の他の部門にも前向きな影響をもたらしています。 Stacey Johnson 氏 は Moffit の組織開発スペシャリストで、仕事の多くで、従業員の教育、トレーニング、キャリア上の成長に焦点を当てています。

同氏によると「私たちは、専門能力の開発、キャリア開発、新規採用者のオリエンテーション、エンゲージメント調査などのサービスを組織全体に提供しています」だそうです。 「私たちのキャンパスは分散しているため、チームは Zoom を多用して、他の人とコラボレーションを行い、チームメンバーの成長と能力開発のためのバーチャル ワークショップを作り出しています」

Johnson 氏は、Moffitt の組織開発チームによる Zoom の使用方法をいくつか教えてくださいました。

  • 研修ワークショップ: 「感染予防チームは、新規採用者オリエンテーションのプレゼンテーションを対面ではなく、Zoom で実施するようになりました。 出張する必要がなく、プレゼンテーション用のスライドをコントロールでき、別のキャンパスから参加することができます。 バーチャル プレゼンターも視聴者を表示でき、実際に質問をしている人を確認することができます」
  • クイズ番組形式のトレーニング:「スーパーバイザーは、Zoom Webinars セッションで集い、リソースについて学び、インタラクティブなクイズ番組形式のレビューに参加します。 参加者はバーチャルで挙手をして、チャットを使って質疑応答を行うことができます」
  • 社内のトラブルシューティング:「従業員のエンゲージメント調査に新しいプラットフォームを使用したのですが、Zoom を使って、ユーザーの問題のトラブルシューティングを実施できました。 部門のリーダーは、Zoom を通して画面共有を行い、ログインして新しいプラットフォームを操作したり、データを共有したりするサポートができます」

Johnson 氏は、次のように付け加えました。「Zoom では、クラスルームがなくても、チームメンバーの交流を促すさまざまな方法があります。 テクノロジーに精通していない人でも、Zoom は使いやすいため、問題なく使用できています」

Johnson 氏にお気に召していただいている Zoom の機能をいくつかご紹介します。

  • 自分にチャットを送り、Zoom Chat で直接メモを作成する機能
  • 過去のチャットの会話をより迅速に見つけるための検索機能
  • 参加者全員が同じ部屋で参加できないときにコラボレーションを行うためのホワイトボード機能とミーティング後にホワイトボードのメモをメールで送信する機能

高いユーザー満足度、病院の拡張サポート

Blankenship 氏によると、Moffitt で Zoom プラットフォームについて社内調査を実施した際、非常に高い満足度が得られたと言います。

「当初は予想していなかったほど、採用率が高かったんです。 新しい技術への移行には、抵抗感が強くなるだろうと考えていました。 全般的に、Zoom は使いやすく、採用率が高く、他のソリューションと比較して組織内での移行を迅速に行うことができました。」

Doug Blankenship 氏

ユニファイド コミュニケーション担当マネージャー、Moffitt Cancer Center

Johnson 氏は、Moffitt の「Impact 2028」戦略計画のデジタル トランスフォーメーション目標を含め、Zoom が組織開発の将来のために果たす重要なロールについて語ってくださいました。

「インクルージョンは私たちのコアバリューの 1 つです」と同氏は言います。「そして、私たちが提供するプログラムの一部については、できる限り多くの人に関わってもらおうと試みています。 歴史的に見ても、私たちはクラスルーム主導の組織でしたが、Zoom は、これまでになかったレベルでデジタル面の進歩をもたらしています。 Zoom を使用すると、壁を吹き飛ばし、病院とそのすべてのチームメンバーへのサポート強化を実現することができます」

Explore what's possible with Zoom

Our customers inspire us! See how organizations are using our platform to connect, communicate, and get more done together.

すべてのコミュニケーションを Zoom ソリューションに集約しプロジェクト進捗管理を円滑化

Read Case Study

ニーダーエステライヒ州赤十字では、パンデミックによって、緊急サービスの訓練、教育、提供方法が変わりました。 同組織が、Zoom を採用した理由をご覧ください。

Read Case Study

オパール ヘルスケア ネットワークの入居者は、つながりを維持し生き生きと暮らす上で、Zoom を役立てています。

Read Case Study

CrowdOptic 社は HIPAA に準拠した安全なプラットフォームを構築し、人工知能を採用したビデオ解析で外科手術をライブストリーミングしています。

Read Case Study

Baylis Medical は全 Zoom プラットフォームを使用することで、特にリモートワーク環境において、従業員にシームレスなユーザー体験を提供しています。

Read Case Study

全米腎臓財団は、革新的な臨床組織がどのようにして Zoom を使用したバーチャル カンファレンスに迅速に適応するのかを示しました。

Read Case Study

UDG Healthcare は、Zoom と Microsoft Teams を連携させるとともに、Zoom Phone を導入して、営業担当に柔軟なソフトフォン ソリューションを提供しています。

Read Case Study

フェニックス小児病院は Zoom を採用することで、コミュニケーションと患者の転帰の向上に取り組んでいます。

Read Case Study