Zoom による AI ライブストリーミングでバーチャルケア、トレーニング、サポートをハイテク化

CrowdOptic 社は HIPAA に準拠した安全なプラットフォームを構築し、人工知能を採用したビデオ解析で外科手術をライブストリーミングしています。

特に、手術室や ICU のような急速に変化する緊急な状況下では、従来の常識を覆ほどの使いやすさが必須となります。 シンプルでとクオリティの高い Zoom は、手術室を世界と繋げて拡大するのにぴったりのソリューションでした。

Jon Fisher

CrowdOptic の CEO

特に、手術室や ICU のような急速に変化する緊急な状況下では、従来の常識を覆ほどの使いやすさが必須となります。 シンプルでとクオリティの高い Zoom は、手術室を世界と繋げて拡大するのにぴったりのソリューションでした。

Jon Fisher

CrowdOptic の CEO

医療業界は、以前より急速なイノベーションを推進していることで知られていますが、新型コロナウイルスが世界的に大流行するなかで、新たな医療サービスの提供方法を導入する取り組みを速いペースで進めています。 これまで Zoom は、医療機器メーカーが遠隔地で臨床サポートや技術サポートを提供するためのソリューションとして選ばれてきました。 

診療所が閉鎖されたときには、何百万人もの患者がオンラインで医療機関とつながることができました。 医療専門家が医療機関を訪れて必要なトレーニングを行うことができなくなったとき、また、専門医チームが患者を診るために診察室に集まることができなくなったとき、Zoom はオンライン診療や専門知識の共有、治療の継続に役立ちました。 

Medtronic 社をはじめとする Medtech(メドテック)企業は、手術室で Zoom を採用することで、CrowdOptic が Intel および Hewlett Packard Enterprise と共同で開発したインテリジェント ビデオ統合ソリューションを用いて外科手術のライブストリーミングを行っています。 この最先端の統合ソリューションは、外科医の知識、専門的技術、および極めて重要なサポートへのアクセスを向上させ、医療分野におけるバーチャルケアとサポートへの幅広い活用方法を新たにもたらします。

手術室での研修とコラボレーション

全国の医療機関に担当営業を派遣するための手配とコストは、新型コロナウイルスにより移動が全面的にストップする以前から、すでに医療企業、製薬企業にとって大きな課題となっていました。 

CrowdOptic 社は HIPAA に準拠した安全なプラットフォームを構築し、人工知能を採用したビデオ解析を使用して Zoom で外科手術をライブストリーミングすることで、臨床支援や医師のトレーニングを行っています。 ここでは、このテクノロジーが手術室においてどのような効果を発揮するのかご紹介します。

高い信頼性 

手術室ではミスが許されません。そのため、テクノロジーには正確さと高い信頼性が求められます。 Zoom を使用することで、低遅延(<200ms)の HD ビデオ、スムーズで安定したストリーミング体験を、地理的条件にかかわらず、CrowdOptic 社のソリューションで実現することができます。

カメラとデバイスの統合

外科医とコミュニケーションを取れ、手術を複数の視点から観察でき、そして手術室にいるのと同じような効果を得られるよう、リモート環境は没入型かつクオリティの高いものでなければなりません。

CrowdOptic 社のライブストリーミング システムは、最大 24 台のカメラを統合する機能でこれらの課題を解決し、Zoom を通じてシームレスな没入感を実現します。 マルチビュー機能に加え、CrowdOptic 社のシステムでは、超音波、C アームなどの診断装置からの情報や画像を統合することがでます。

優れた操作性の保証

外科医がビデオストリームではなく手術に集中できるよう、院内には直感的に操作可能で、手術をスムーズにサポートすることができるテクノロジーが必要です。 CrowdOptic 社のシステムは、AI を使用してフレーム内の注目すべき被写体を識別し追跡するため、手術室でのテクニカル サポートやプロダクションの必要がありません。  

手術チームは、システムに「ルール」を設定することも可能です。例えば、外科医が手を挙げると、特定のカメラがズームインするようにして、遠隔地の視聴者のエンゲージメントの質とレベルを向上させることもできます。

「特に、手術室や ICU のような急速に変化する緊急な状況下では、従来の常識を覆ほどの使いやすさが必須となります。 シンプルでとクオリティの高い Zoom は、手術室を世界と繋げて拡大するのにぴったりのソリューションでした」と CrowdOptic 社の共同創業者であり最高経営責任者である Jon Fisher さんは述べています。  

知識を広めることで、医療に新たな可能性が生まれる

リモート テクノロジーがトレーニングや専門知識へのアクセスを向上させるで、医療機器企業や製薬企業、バイオテック企業は医師をサポートする手段を強化し、営業担当者や MR の生産性を向上し、さらには新製品、新薬の発売を促進することができます。 

例えば、「世界各地の複数の手術室に、同じ日に専門医を配置する必要があります。 100 人の外科医が最先端のトレーニングを受けられるようにする必要があります。 スタッフを感染の恐れがある危険な環境に行かせるのではなく、別の手段が必要なのです」と述べ、Fisher 氏はこう続けます。 「これこそが、このようなソリューションがあらゆる分野で必要とされている理由なのです。」

同様に、病院や外科センターでも、ビデオを革新的な方法で使用することで、より効率的な学習機会、バーチャルケアやサポートのソリューションを低コストで提供することができます。

CrowdOptic 社の製品担当副社長である Rich Smith 氏は、こうつけ加えます。「人から人へと伝えられるべき知識が非常にたくさんあるのです。 世界をリードする外科医の手術を見学したいと望む医師は大勢います。 ビデオテープや録画を見るのとは、まったく異なるのです。 インタラクティブであることが極めて重要になるのです。」

医療分野のイノベーションは、これまでの数年間よりも急速に進むことは間違いありません。 トレーニングやプロクターによる指導、また診断をバーチャル空間で行う機会が増えれば、実際の手術のような極めて難しい状況であっても、医療専門家は知識体系を広げ、一流の外科医から学び、その成果を患者に還元することができるようになるでしょう。

「医療向け Zoom」https://zoom.us/ja/healthcare.html では、Zoom プラットフォームが、遠隔医療から医学教育、またメドテック企業、製薬企業、バイオ テクノロジー企業のトレーニングまで、あらゆるタイプのヘルスケア コミュニケーションをどのようにサポートしているかご覧いただけます。

Explore what's possible with Zoom

Our customers inspire us! See how organizations are using our platform to connect, communicate, and get more done together.

すべてのコミュニケーションを Zoom ソリューションに集約しプロジェクト進捗管理を円滑化

Read Case Study

ニーダーエステライヒ州赤十字では、パンデミックによって、緊急サービスの訓練、教育、提供方法が変わりました。 同組織が、Zoom を採用した理由をご覧ください。

Read Case Study

オパール ヘルスケア ネットワークの入居者は、つながりを維持し生き生きと暮らす上で、Zoom を役立てています。

Read Case Study

Baylis Medical は全 Zoom プラットフォームを使用することで、特にリモートワーク環境において、従業員にシームレスなユーザー体験を提供しています。

Read Case Study

全米腎臓財団は、革新的な臨床組織がどのようにして Zoom を使用したバーチャル カンファレンスに迅速に適応するのかを示しました。

Read Case Study

UDG Healthcare は、Zoom と Microsoft Teams を連携させるとともに、Zoom Phone を導入して、営業担当に柔軟なソフトフォン ソリューションを提供しています。

Read Case Study

フェニックス小児病院は Zoom を採用することで、コミュニケーションと患者の転帰の向上に取り組んでいます。

Read Case Study

Audibene/Hear.com は、Zoom を使用して内部のコミュニケーションを改善し、何千人もの人々が完璧な補聴器を探し出せるように、いままで以上に強力に支援しています。

Read Case Study