Customer Stories

Healthcare

Baylis Medical

新型コロナウイルス下で Baylis Medical が医療機器の開発に Zoom プラットフォームを活用

Baylis Medical は全 Zoom プラットフォームを使用することで、特にリモートワーク環境において、従業員にシームレスなユーザー体験を提供しています。

Baylis Medical

設立: 1986 年

所在地: オンタリオ州ミシサガ

産業: 医療機関

課題: 異種が含まれるビデオ会議ソリューション、通信における信頼性の欠如、新型コロナウイルス下におけるリモートワーク環境への移行

ソリューション: Zoom Phone、Zoom Meetings、Zoom Chat、Zoom Webinars

ビジネス上の利点: 電話、会議、チャット、ウェビナー全般にわたるシームレスなユーザーエクスペリエンス、リモートワーク環境への摩擦のない移行、在宅ワーク状況下でも生産性を維持する能力

Zoom を最大限に活用しています。システムや携帯電話では Zoom Phone を使用し、コラボレーションには Zoom Meetings を使っています。 また臨床チームは、医師とウェビナーを実施しています。 事業内容をバーチャルに継続的に発信できることで、組織を成長させ、医療機器業界における地位を維持することができました。

Joey Faraone

技術情報サービス担当ディレクター、Baylis Medical

Baylis Medical

設立: 1986 年

所在地: オンタリオ州ミシサガ

産業: 医療機関

課題: 異種が含まれるビデオ会議ソリューション、通信における信頼性の欠如、新型コロナウイルス下におけるリモートワーク環境への移行

ソリューション: Zoom Phone、Zoom Meetings、Zoom Chat、Zoom Webinars

ビジネス上の利点: 電話、会議、チャット、ウェビナー全般にわたるシームレスなユーザーエクスペリエンス、リモートワーク環境への摩擦のない移行、在宅ワーク状況下でも生産性を維持する能力

Zoom を最大限に活用しています。システムや携帯電話では Zoom Phone を使用し、コラボレーションには Zoom Meetings を使っています。 また臨床チームは、医師とウェビナーを実施しています。 事業内容をバーチャルに継続的に発信できることで、組織を成長させ、医療機器業界における地位を維持することができました。

Joey Faraone

技術情報サービス担当ディレクター、Baylis Medical

1986 年以来、Baylis Medical は、医療従事者が最高品質のケアを提供し、救命するために必要な最先端の製品とトレーニングを提供してきました。 革新的な心臓病装置の開発、製造および商業化の先駆者である Baylis Medical は、患者に低侵襲の心臓治療を効果的に提供できるよう、医師を支援する医療機器を開発しています。

Baylis Medical はまた、あらゆるレベルの医療従事者に医療トレーニングやコースも提供しており、医療従事者が上達し、絶えず進化する業界で最新の状態を保つために必要な知識を提供しています。

従来のツールで繰り返し発生する問題

Baylis Medical のチームは、ビデオ ミーティングや共同セッションにオンサイトのカンファレンス ルームをよく活用していましたが、従来のソリューションでは繰り返し同じ問題が発生しており、カンファレンス ルームを効果的に使用することが難しい状態でした。

「現在の役職で面談したときに確認できた主な問題点の 1 つが、カンファレンス ルームで使用しているコラボレーション ツールでした」と、Baylis Medical で技術情報サービス担当ディレクターを務める Joey Faraone さんは述べています。 「従業員はお互いの声をはっきりと聞くことができず、出席者からは画面のプレゼンテーションがよく見えないと苦情がありました。 また、クライアントやベンダー、請負業者がミーティングに参加できないという問題もありました。 これは、同社が成長を遂げ、医療機器業界のリーダーになろうとしている中でよいイメージではありませんでした。

また、Baylis Medical にはさまざまなビデオ会議ソリューションが導入されており、組織でコミュニケーション方法を統一する必要があることも明白でした。

「Skype for Business、Webex など、さまざまなソリューションを使用しており、BlueJeans や Microsoft Teams についても検討していました」とFaraone さんは述べています。 「しかし、これらのソリューションではハードウェアが肥大化するため、ハードウェアに全く依存しない方法を求めていました。ソフトウェアの力を発揮できるようにしたかったのです。」

新型コロナウイルス下で、Baylis Medical のチームがリモートワークへと移行する中、組織では命を左右する装置と重要な医療トレーニングを引き続き提供するために業務を維持する必要がありました。

「私たちは、医療技術業界の中でも非常に珍しいニッチ環境で事業をしています」と Faraone さんは述べています。 「私たちのような企業には、パンデミックであろうとなかろうと、患者にサービスを提供し続け、事業を継続し続ける必要性が常にあります。」

Zoom によるユニファイド コミュニケーション

以前の役職で Zoom を評価した Faraone さんは、Zoom が Baylis Medical が抱えるビデオ コミュニケーションの課題の助けとなることを知っていました。

社長と面談したときに、「組織全体のミーティング ルームや海外のクライアントと使用するコラボレーション ツールを強化するには、どうすればいいと思う?」と聞かれました。私はすぐに「Zoom」と答えたんです。

Joey Faraone

技術情報サービス担当ディレクター、Baylis Medical

Baylis Medical はすぐに Zoom を受け入れ、Zoom のユニファイド コミュニケーション プラットフォームを実装することに決めました。

「Zoom が提供するコラボレーション ツールは、同社の方向性に一致するものでした。ですから、Zoom を完全に導入したんです」と Faraone さんは述べています。 「導入時点では、約 500 人のユーザーがいました。 週末にかけて、Zoom を導入しました。」

「電話システムもすべてのルームにロールアウトし、コール ルーティングと完全に自動化されたコール アテンダントも導入しました。これにより、フロント受付スタッフの時間も確保することができました。 組織全体で、このプロセスを自動化しました。

新型コロナウイルスによるパンデミックで、従業員がリモートワークに移行するときには既に、Baylis Medical は Zoom を使用していました。 Zoom のプラットフォームをフル活用することで、Baylis Medical の従業員はリモートワーク環境にシームレスに移行することができました。Zoom を使って社内外の関係者とつながりを保ち、引き続き業界に影響を与え続けることができました。

Zoom を導入した後にパンデミックに見舞われました。週末には、500 人を在宅勤務に移行させることに成功しました。

Joey Faraone

技術情報サービス担当ディレクター、Baylis Medical

「社内では、Zoom を最大限に活用していて、コンピュータ や携帯電話を通じて、オフィスや外出先でも Zoom Phone を使用し、Zoom Meetings コラボレーションを行っています。 また臨床チームは、医師とウェビナーを実施しています。 事業内容をバーチャルに継続的に発信できることで、組織を成長させ、医療機器業界における地位を維持することができました。

Baylis のコミュニケーション方法が変貌

Zoom の UCaaS プラットフォームを使用して、Baylis Medical はシームレスなユーザー体験を構築し、従業員がリモートワーク環境で生産性を維持できるようにしました。 Baylis Medical の従業員がオフィスに戻り始める中、Faraone が率いるチームはすでに、Zoom を活用する新しい方法を摸索していました。

「[Zoom Rooms]デジタル サイネージの可能性について、検討し始めています。 次のステップとして、音声コマンドを活用することも考えています。 Zoom によって、新入社員研修の実施方法も変わりました。温かく迎え入れてトレーニングを提供できることで、驚異的な成長を継続することができます。

Zoom で何ができるか探る

Zoom はお客様からインスピレーションを得ています!Zoom のプラットフォームを使用して、組織がどのようにつながり、コミュニケーションをとり、コラボレーションしているのかご覧ください

すべてのコミュニケーションを Zoom ソリューションに集約しプロジェクト進捗管理を円滑化

ケーススタディを読む

ニーダーエステライヒ州赤十字では、パンデミックによって、緊急サービスの訓練、教育、提供方法が変わりました。 同組織が、Zoom を採用した理由をご覧ください。

ケーススタディを読む

オパール ヘルスケア ネットワークの入居者は、つながりを維持し生き生きと暮らす上で、Zoom を役立てています。

ケーススタディを読む

CrowdOptic 社は HIPAA に準拠した安全なプラットフォームを構築し、人工知能を採用したビデオ解析で外科手術をライブストリーミングしています。

ケーススタディを読む

全米腎臓財団は、革新的な臨床組織がどのようにして Zoom を使用したバーチャル カンファレンスに迅速に適応するのかを示しました。

ケーススタディを読む

UDG Healthcare は、Zoom と Microsoft Teams を連携させるとともに、Zoom Phone を導入して、営業担当に柔軟なソフトフォン ソリューションを提供しています。

ケーススタディを読む

フェニックス小児病院は Zoom を採用することで、コミュニケーションと患者の転帰の向上に取り組んでいます。

ケーススタディを読む

Audibene/Hear.com は、Zoom を使用して内部のコミュニケーションを改善し、何千人もの人々が完璧な補聴器を探し出せるように、いままで以上に強力に支援しています。

ケーススタディを読む